大学受験に向けて英作文の実力アップを目指すには?添削サービスを紹介! | 英文添削サイト徹底比較!【15社】

大学受験に向けて英作文の実力アップを目指すには?添削サービスを紹介!

英作文は英語の試験の中でも点数配分が高く、多くの受験生は英作文の実力をアップするために対策を行います。
しかし、英作文の実力を自身の力で上げるのが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、大学受験生におすすめしたい添削サービスを紹介します。
この記事を読むことで、英作文の実力を上げる方法や添削サービスを利用する際のポイントを理解できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

大学受験の英作文とは

大学受験の英作文は、主に和文英訳と自由英作文の2種類に分けられます。次の章で、それぞれの作文の特徴について確認しましょう。

和文英訳

和文英訳とは、日本語の文章を英訳していくスタイルの問題形式です。日本語で記載された文章の意味を汲み取り、意訳できる力を図っています。

例えば、「朝飯前」を英訳する場合、「Before breakfast」と直訳するのではなく、「簡単なこと」という意味を表現する必要があるのです。

英文として自然な文章になるように、簡単な単語に置き換えながら問題を解いていきます。実際に大学の過去問などを確認して、和文英訳の問題を解いてみると良いでしょう。

自由英作文

自由英作文とは、指定されたテーマについて自分の意見や考えなどを自由に記述するスタイルの問題のことです。和文英訳と比較すると記載内容の自由度が高いため、英語力だけでなく、思考力を判断することを目的にしています。

例えば、「日本の環境問題について英語で記述しなさい。」という問題の場合、英語力だけでなく、環境問題についての知識や、自分の考えを持っている必要があります。

自由英作文で高得点を獲得するには、文章の構成を組み立てる練習をして、ボキャブラリーや表現方法を身につけることが大切です。

 

英作文の実力を上げる方法

英作文の実力をアップするにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、英作文の実力を上げる方法を紹介します。

文法や単語などの基礎を固める

意味が伝わる英作文を完成させるには、文法や単語などの基礎的なスキルが重要です。ボキャブラリーが少なく、間違った文法で記述しても、意味が伝わらない可能性があります。

例えば、単語のスペルミスや、三人称・三単現のS、時制や前置詞のミスなどは減点対象となるので注意が必要です。

単語帳や文法用のテキストを利用して、基礎知識を身につけましょう。文法や単語を覚えるのは時間がかかりますが、他の英語の問題にも活かせる力なので、しっかりと基礎を固めることが大切です。

例文を暗記する

英作文の勉強方法として、例文を暗記する方法が考えられます。覚えた例文をベースにして、問題に合わせて少しずつ変えていくことで、何を書いていいか分からないという事態を避けることができます。

しかし、テーマに合わせて回答内容を大きく変える必要がある自由英作文の場合、例文を暗記する対策はあまりおすすめできません。

あくまで短文や、試験によく出る問題におすすめの対策方法です。

問題演習する

文法や単語などの基礎的な知識を身につけた後は、問題演習を行っていきましょう。大学受験での英作文は実践力が試される問題であるためです。問題に合わせて臨機応変に対応するスキルが重要になります。

例えば、受験する大学によって、指定される英作文の長さや単語数、頻出するテーマなどが大きく異なります。

受験する大学の英作文はどういったものが多いか、最低限目を通すように心がけましょう。また、問題演習を通して自分がつまずきやすいポイントを理解することが大切です。

添削してもらう

自分で作成した英作文を添削してもらうようにしましょう。

添削してもらうことで、自分だけだと見落としやすいポイントを押さえることができます。また、自分で採点すると主観的になってしまうため、精度の高い復習を行えません。

塾や学校の先生に添削をお願いしたり、英作文の添削サービスを利用したりして、添削を受けるようにしてください。

次の章で、英作文の添削サービスを利用する際のポイントを確認していきましょう。

 

英作文の添削サービスを利用する際のポイント

英作文の実力を上げるためには、作成した文章を添削してもらうことが大切です。ここでは、英作文の添削サービスを利用する際のポイントを紹介します。

 添削を受けた英文を暗記する

添削を受けた英文のうち、重要なパートを暗記してみましょう。添削を受けるだけでなく、添削後の文章を次へ活かすことが大切です。

全て暗記するのは難しいですが、使えそうな表現方法や単語、段落の始めや終わりに記載するべきフレーズなどを暗記しておくことで、文章の構成を立てやすくなります。

また、自分が間違えやすいポイントを暗記することで、大学受験当日の問題で同じミスを繰り返すのを防ぐことができます。

自分に合った業者に依頼する

添削サービスを提供している業者に依頼する場合、自分に合った業者を選ぶようにしましょう。業者によって、提供しているサービス内容や利用料金などが大きく異なるためです。

例えば、大学受験対策のための添削ではなく、ビジネスに特化した添削サービスを利用しても、効果的なアドバイスを受けられない可能性があります。

英文添削の業者については、以下の記事で徹底比較していますので、ぜひご参照ください。

英文添削サイト徹底比較!【15社】

添削を受けた問題をもう一度解く

添削を受けた問題をもう一度解くように心がけましょう。添削で指摘を受けた後に同じミスをしないか確認する必要があるためです。

もし、同じ場所でミスしているようであれば、間違えた部分を重点的に復習することができます。せっかく添削サービスを利用しているのにも関わらず、大学受験本番で同じミスをしてしまっては意味がありません。

添削後の問題をもう一度解く前に、しっかりとポイントを復習して、自然な英作文を作成できるようにしましょう。

 

まとめ

今回の記事では、英作文の実力アップを目指している大学受験生に向けて、大学受験対策におすすめの添削サービスについて紹介しました。

大学受験の英作文には、和文英訳と自由英作文の2種類に分けられます。英作文の実力をアップするには、文法や単語などの基礎的な知識を身につけるだけでなく、問題演習をしたり、添削を受けたりすることが大切です。

さらに、英作文の実力を効率的に上げるには、添削を受けた英文を暗記したり、添削を受けた問題をもう一度解いたりして、復習するようにしてください。

また、自分に合った業者に依頼することで実力アップを目指せるため、今回の記事を参考にしながら適切な添削サービスを選びましょう。

Categories

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。