ProWritingAidアプリの特徴 | 英文添削サイト徹底比較!
3
ProWritingAidアプリの特徴 5点満点中 1.5

ProWritingAidアプリの特徴

POINTポイント

ProWritingAidのアプリを開いてから、最初の画面でWEBベースのツールを開くと、最初に白色画面が表示されます。この画面で直接英文を記入したり、Wordのファイルをアップロードしたうえでの使用ができます。

次に、文章の種類を選んでいきます。デフォルトはGeneralであり、Academicなど複数あるので、自分の目的に合った選び方をしましょう。

文章を書いた後は、英文添削を兼ねてSummaryをクリックすれば、100点満点でスコアが掲載されます。文法やスペルミスなど細かい部分までスコアを出してくれます。低い部分のレビューをクリックすれば、問題を把握して改善へと繋げましょう。

特に文法の場合は、句読点や時制、冠詞など詳しく記していますから、英文添削に慣れていない人でもわかりやすく学べます。

ProWritingAidのアプリに掛かる費用ですが、無料版はあります。年間70ドルを支払えば、有料版にバージョンアップが可能です。他のオフィスソフトのアプリと並行して使える機能があるうえに、無制限で英文添削のチェックをしてくれるので使用方法における選択肢が増します。

また、240ドル支払えば一生涯使用ができるので、ライフスタイルによっては長い目で見ればお得になります。


REVIEWレビュー

    ProWritingAidの英文添削アプリは文法に強くなれる

    ProWritingAidの大きな強みは、英文添削の際文法をわかりやすく説明してくれる所です。単数形や複数形、時制の一致をはじめ、文法の間違いによって混乱が生じやすいものであっても、明確に英文添削してもらえます。間違った部分は赤線が引かれているので、クリックをすれば文法上における改善点や代わりの案が提示されます。指摘事項をくまなく掲載していますので、修正をしていく中で得点が高められます。
    また、英文を書く際に同じ単語を何度も使用していれば、ProWritingAidが指摘をします。特に強調をする形容詞単語を10回以上使用していれば、度が過ぎている印象を与えかねません。また、Thesaurusという同義語の単語のボタンがあります。クリックをすれば、同じ意味の単語が出てきますので、適当なものを選んで英文添削に充てましょう。英語の意味についても教えてもらえるので、使用方法におけるイメージを抱きやすくなります。
    ProWritingAidにアプリでは、パラグラフに合わせて読みやすさの評価をしています。Very difficult to readだと、読みにくいとの表記なので注意しましょう。使用をしなくても意味がわかるGlue wordの比率が高いものも、悪い判定を受ける対象となります。ProWritingAidで英文添削を受けた情報を少しずつ確認して修正対応をしていけると、シンプルな英文が書けるアプリとして有効なものとなります。

    ProWritingAidに頼るにはある程度の英語知識が必要

    ProWritingAidは、英文添削をするにあたり文法や読みやすいか否かについて詳しく教えてくれるアプリです。機能はいくつもありますので、使用したいものをクリックするだけで、情報を提示してくれます。
    しかし、いくつも同時に使用をすれば、どのように理解をすればよいか混乱しかねません。特に英文作成に関してブランクがある、苦手意識がある場合だと、ProWritingAidを使用しても理解不足の状態になってしまいます。先ずは、自分で教材や英語教室に通うなどで知識を自分なりに得ておくと、戸惑うリスクが少なくて済みます。
    また、英語の文章を短いものを複数記述するだけでは、どこか幼稚な印象を与えかねません。ProWritingAidは文章の長さを可視化できる英文添削アプリである一方、初心者の場合は理解がしにくい状態となるでしょう。理解を深めるには、日頃から独学で英語学習のスキルを高めるのはもちろん、何度も英文練習をしていく必要があります。
    ProWritingAidのアプリで英語添削をし指摘を受けた内容を理解できるレベルになれば、上達が早くなるのが見込めます。また、簡単なミスはスルーされている可能性がありますから、英文添削に頼りすぎるのは注意しましょう。

    ProWritingAidの総評

    ProWritingAidは、シンプルかつ明確な英文添削をしてくれるアプリとして有効なアイテムです。Summaryボタンをクリックすれば、文法や英文の長さや構成など、詳しく得点を出してくれます。最初は低得点であっても、ProWritingAidから得た情報を研究して学んでいければ、高得点を出せるようになります。
    また、同じ意味の英単語は複数あります。英文添削アプリの中で同義語を提示してくれますから、上手に活用すれば英単語のレパートリーを増やせて、英文を書く際に大いに役立ちます。また、永年同額で使用できる料金プランもあるので、費用負担軽減が図れます。
    より上手に活用するには、ある程度英語のスキルや知識が必要となります。特に文法の使い方における理解が浅いと、難しく感じてしまいかねません。日頃からの英語学習はもちろん、ProWritingAidで英語添削を理解できるレベルに持っていきましょう。
    また、初心者やブランクがある場合は、無料体験版から始めるのも有効な手段となります。

    【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。