高品質の英文添削を提供する会社の条件

日本国外での論文や研究の発表や海外企業との契約締結など、日本人が国際社会で活躍する機会は飛躍的に増加しています。その際にはもちろん英語でやり取りする必要があり、文章の品質が問われます。大きな舞台でおかしな英語を使って失笑されたりこちらの意図が正確に伝わらなかったりするのは何としても避けたい、そんなときの強い味方が英文添削を扱う会社です。質の高い添削の基準を把握し、安心して依頼できるところを選びましょう。

分野別の担当者が専門知識を発揮して添削

論文や研究などでは、特に専門的な内容に踏み込んで話を進める場面が多々あります。専門用語を多用する英文添削を依頼する場合には、その方面に詳しい人に担当してもらうのが最もスムーズに進められます。

添削会社にも色々あり、ひとつの知識に特化して専門で扱うところもあれば、専門分野ごとに校正者がいて依頼内容に応じて振り分ける方法を取るところもあります。例えば医学関係の文書の添削の場合、内容がそれに終始していれば前者を、生命倫理や法律など医学以外の問題も複雑に絡んでくるのであれば後者を、というように使い分けることが可能です。

文法や表現など全体的な体裁を整えてもらいたいのか、より踏み込んだ専門的な部分まで細かくチェックしてほしいのか、まずはどの程度まで英文の品質をアップしたいかを決定してから依頼するのがベストです。

顧客一人ひとりに合わせた柔軟な対応

同じ文書ひとつ取っても、単語や文法の間違いがないか、伝わりにくい表現を使っていないか、あるいは文書の内容そのものに矛盾はないかなど、チェックしてもらいたいポイントは千差万別です。その要望にどの程度まで応えられるかという点が、添削の品質の良し悪しの分かれ目です。

複数の会社から見積もりを取れるのであれば、英文添削の内容を一緒に伝えてみることをおすすめします。マニュアル通りの添削しか受け付けないところよりも、具体的な相談をしながら作業を進めてくれるところを選びましょう。また、添削の際にアドバイスも一緒に添えてくれるところは信頼度が増して長くお付き合いできます。

より質の高い文書を協力し合って作ろうという姿勢が感じられる添削会社は、添削後の仕上がりに差が出ます。打てば響くような良好な関係を築いていけるところを是非見つけてください。

ダブルチェックで緻密な仕上がり

どのような仕事であっても、いわゆるワンオペはミスを誘発するおそれがあり不安がぬぐい切れません。英文添削も同様で、ダブルチェックでの校正を明示している会社は品質に自信を持っている証です。

ダブルチェックの方法は専門分野に詳しい校正者が2人で担当したり、1人が専門的内容の確認をしてもう1人が文法や表現など英文全体のチェックをしたりというように、それぞれのシステムによって違いがあります。なかにはネイティブスピーカーを必ず1人担当者にして、より自然な英文になるようチェックをしているところもあります。現状と照らし合わせ、最もふさわしいところを探してください。

ダブルチェックで徹底した品質管理を行っているところは、意識が高いので安心して委ねることができます。完璧な英文で海外とのやり取りを滞りなく進められるよう、頼りになる会社を選びましょう。

まとめ

英文添削は人間が書いた文書を人間が校正する以上、コミュニケーションを取りながら作り上げてこそ高品質のものができあがります。英作文のスキルや専門知識への造詣の深さやだけではなく、担当者の人柄や態度、ひいては会社全体の雰囲気で質が左右されます。

大切な文章を添削してもらうには、信頼のおける相手にお願いしたいものです。最良のパートナーとなり得る英文添削会社との出会いは、海外での活躍をより充実した豊かなものにしてくれるでしょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。