7

editage

POINTポイント

学術論文や専門書での英文作成は特に難しく感じるものです。特に専門性の高い単語が頻出するようならば、辞書を引いても載っていないという事が多々あるかもしれません。また数多くある英文添削サイトの中でも、論文に特化した校正サービスが行われているサイトは少ないのが現実です。しかしこちらの英文添削サイトeditageでは医学や物理、工学や人文社会学まで幅広い学術論文に対応してくれますし、1単語5円からという比較的リーズナブルな料金設定も為されています。料金は選択コースによっても異なりますが、納期は最短で当日返信から遅くても翌日返信といったスピーディな添削サイトです。英文で論文を書く方には是非利用すべき機能が揃っています。
editage

REVIEWレビュー

  • ビジネス英語は簡単な日常会話と違い専門的な言葉や表現方法が必要となるため、より高度な翻訳技術を備えた人による英文添削や校正が求められるのですが、実はこれをできるところはそうそうないのです。
    金額的にも納得できなかったりすることもありました。しかし、Editageはそうした不安もなく、更にレベルの高い結果を得ることができました。選んで大満足です。
  • 知人が研究の仕事をしているのですが、ある時上司から研究成果について「英語の論文にチャレンジしてみないか」と誘われたそうです。
    その時は嬉しくなってやってみたのですが散々な結果になったと話していました。多少の英語力があっても無理せず英文添削をお願いするのが一番のようです。
  • 論文に特化した英語添削なので、とにかくここはサービスと質がとてもよかったです。サービスとしては、添削以外にも、投稿や校正もサポートしてくれましたし、質の面からいえば、対応分野が細かくわかれているおかげで、より専門的な踏み入ったような内容でも添削して頂けましたし期待以上の出来でした。
    自分だけでは盲点だった細かい点も指摘して頂けたので、クオリティの高いものにできたと思います。
  • ここの英文添削は論文に特化しています。自分が論文を作成するときに行き詰まる、独特の表現であったり特殊な単語を使っていてもきちんと対応してくれるのがとても心強かったです。
    色々な表現方法が学べて、論文の読解能力じたいも上がったような気がします。
  • 英文校正の後、構成者への質問を無料で何度もできるのがありがたかったです。オンラインシステムで気軽に質問できるのも便利ですし、何より疑問点を全て解決することによって安心できました。
    校正スピードも速く、納期をしっかり設定することができていたので、全てにおいて安心できるような高品質のサービスとクオリティでした。
  • editageの学術英語論文翻訳サービスを利用しているのですが、特定の専門分野の内容であっても、その分野専門の先生に対応してもらえるので安心できました。
    1200以上の専門分野に対応してもらえるので、サービスの品質が非常に高いと感じました。
  • メディカル論文の添削サービスを使っています。添削者のコメントが詳細に載せられているので、読みやすくて助かっています。
    英文の研究者向けや英語テープ起こしもしてくれるので、自分の論文構成に対してとことん研究できるのが嬉しいですね。
  • コスト面を重視して、英文添削を利用するならeditageが一番いいと思います。
    スタンダード校正だと1単語5円だし、大量の文章でなければその日のうちに返ってくるのでとても重宝しています。
    英文が苦手だった私も、editageのおかげで少しずつできるようになってきています。

単語数やレベルでコース選択が可能

editageでは自分の英文レベルで自由に選べる3つのコースが用意されています。スタンダードコースでは単語数によっては当日納品も可能であり最短であれば8.5時間で納品してくれるサービスもあるようです。低料金と高品質が売りの標準校正コースであるスタンダードコースに加えて、より論理面に踏み込んだ添削を依頼したい時には、プレミアムやプレミアムプラスコースの選択がおススメです。editageでは校正者への質問や論文を書籍化するにあたって便利な、再校正割引サービスも充実しています。また査読者への返信用英文についても添削して貰えるサービスもあり、学術論文を起こすのであれば、一から十まで全てeditageにお任せできるくらい充実した内容となっています。

英文レベル上級者サイトのeditage

英論文を作成したいのならばeditageが勿論便利ですが、editageの校正者は英語講師ではありません。学術論文をサポートする事に関して非常に強いeditageは、英文上の単語添削や文法校正は行えても、英文法の基礎的な解説は殆どありません。添削された文が赤文字で添えられているだけで、何故こうなるのかといった文法上のルールや単語の選び方についての説明も殆どありません。また、他のサイトでは用意されている教材に関しても取り扱いが無い為に、一から英語を学びたいという人には不向きなサイトであるかもしれません。英文で論文を書く為にはある程度の英語知識が無ければ書けないと思いますが、こちらのサイトも、ある程度の英語力が備わっている方向けのサイトであると言えます。

editageは世界中に利用者がいます!

論文は世界中の人々が読む文書ですし、単語の間違いやニュアンスの違いがあれば、そこに誤解が生じかねません。いくら実験結果が素晴らしい物でも、また興味深い論を展開していたとしても、言葉が間違っていれば何の意味もありません。専門性の高い英文書であるからこそ英文での間違いがあってはなりません。editageは英文添削サイトの中でも最短納期を実現させているサイトであるようですが、その品質の高さは折り紙付きです。editageでは校正者がたった一人で英文を添削するのではなく、翻訳者が訳した英文を専門分野に特化したバイリンガルレビュアがチェックし、その上で校正マネージャーが最終チェックを行うという流れを汲んでいます。このように、数名の校正者の目を通して文をチェックしている事で確かな品質が保たれているようです。世界中の論文執筆者が利用しているeditageですが、論文以外の英文校正も行っていますので、気になる方はサイトを確認してみて下さい。

この記事をシェアする
editage 5点満点中 3.5