よくありがちな、英文の間違いを知っておこう

言葉が違っていれば間違いは当然出てきます。英語で間違いやすいパターンとはどのような場面で多いのでしょうか。やはり表現方法が異なっている分、例えば日本語にはない表現方法だったりすると間違いやすいように思います。また、単語の持つ意味合いが幾つかあったりすると混乱してしまうかもしれません。

そんな英文の弱点を克服できるように、ここでは間違えないためのポイントなども含めて説明していきますので、ぜひマスターしましょう。

どういう英文が間違いと言われるのか

では、どんな英文が間違いであると認定されてしまうのでしょう。やはり、本来の意味と大きくかけ離れた文章にしてしまった場合ではないでしょうか。英単語には、似たような意味で訳されるのに実は意味が大きく異なってしまうような単語がとても多いです。

例えば、おもしろいと訳される英単語の例としてinterestingとfunnyがあります。Interestingの方は興味や関心があるという意味でのおもしろい、funnyは愉快であるという意味でのおもしろいという意味になります。もし、君のその本はとても興味深いね、という英訳をする時に、間違ってfunnyの方を使ってしまったら全く違う意味で伝わってしまうだけでなく、相手によっては失礼に感じることもあります。このように単語の選択はとても重要なのです。

日本人が間違えがちな英文例

他にも、日本人が間違えやすい英文はたくさんあります。よく日本人は、改まって尋ねる際に、生野菜は食べられますか?今度映画に行けますか?など、そんなに親しくない相手に対してへりくだった聞き方をします。しかし、これを英語でのできる、つまりcanに置き換えてしまうと、できる能力はありますか?という意味に取られてしまいます。

へりくだって聞いたつもりでも、バカにしてるようなニュアンスにも取られてしまうので注意が必要です。日本語には尊敬語や謙譲語など、丁寧な場面でこそ言い方を変えて話しますが、英語には丁寧語の概念が基本的にありません。どうしても、目上の人には丁寧語で接したくなるのが日本人の性ですが、英語に関しては気にしなくていいのです。

学習の際は、正しい英文をマスターしよう

英単語の持つ意味の違いのみならず、主語が何になるかで後に持ってくる単語が異なったり、複数形でよく使われるsを付け忘れたり、些細だと感じることでも間違いは間違いです。正しい英文をマスターするには学習を重ねるしかありません。

また、ほぼ日本語として使われているカタカナ英語も注意が必要です。例えば夏休みなどの意味でよく使われるバカンスですが、実はフランス語から来ている単語だということはご存知でしょうか。英語だと思って使っていたカタカナ単語が、実は英語ではないというパターンは多々あるのです。そのまま使う前に調べておく必要があります。正しい英文を学ぶには、日本語の固定概念を捨てることも大切なのです。

まとめ

英文法さえ正しくマスターしていれば、多少のことはニュアンスで伝わりそうな気もしますが、やはり単語の意味は重要です。正しく英語を学ぶには、文法と単語の使い方をマスターすることがとても重要だということが分かるでしょう。そして文法のみならず、日本人としての丁寧語の概念も捨てることです。それらを念頭に置いて学習することで、間違いのない正しい英文をマスターできるはずです。

この記事をシェアする