初めて英文を送る前に、英文添削をしてもらった方が良い理由

英語が苦手だ、という方はもちろん、普段から英語を使い慣れている方にとっても必要なのが英文添削です。「そんなことをしてもらう必要はないし時間がもったいない」などと思う方もいるかもしれませんが、慣れれば慣れるほど、ミスや誤解して使っていたことに気付かないものです。普段の会話で十分通じているから平気、という方に限ってメールや作文などの文章にした際に間違っていることがあります。では、英文添削が必要な理由を述べていきましょう。

ジェスチャーやニュアンスでは伝わらない、それが英文

英語の活用方法は人それぞれだと思います。仕事でどうしても必要な方もいるでしょうし、趣味や旅行先で気軽に話せるようになりたいという方もいるでしょう。日常会話だけであれば、もしかすると何とか通じる場面も多いと思います。大げさな例ですが、単語を一つ二つ伝えて、後はジェスチャーで通じた、という経験がある方もいるのではないでしょうか。しかし、英語を文章にして分かるように伝えるとなると、紙面やパソコンの画面だけで伝える必要が出てきます。当然ジェスチャーを見てもらえるわけがありません。何とか話せて通じたというのは、相手がニュアンスを受け取ったに過ぎませんし、そのニュアンスは文章では伝わりません。そこで役に立つのが英文添削なのです。

英文添削は勉強の延長線

まずは英語初心者の方々に向けて英文添削すべき理由を紹介します。今は学校や仕事帰りなどに寄れる英会話教室がたくさんあります。そちらを利用して英語を勉強しているという方も多いでしょう。だいたいネイティブの先生がみっちり教えてくれるので、発音や活用方法、聞きとりといった面では効率的な勉強方法だと思います。しかし、作文や論文のような長い文章を英文で書くように言われた場合、完璧に書ける自信はあるでしょうか。いくら聞きとりや発音が上達しても、いざ文章にするとなると難しいものです。英文添削はそのような時に利用すると便利です。間違いにも気付けますし、英会話だけでなく正しい文法を学べるといった英文の勉強にもなります。フランクな英文なのか、固い業務用の英文なのか、用途によってそれぞれ学ぶことができるため、送ってしまってから恥をかくこともなくなります。

英会話はできても英文作成は難しい

そして、英語には慣れ親しんでいる、という方にも英文添削は必要なのです。先程も述べましたが、会話では通じたことが正しい文法としては間違っていた、ということが英語には実は多いのです。常日頃から英語に慣れている方に限って、その間違いに気付かずに使い続けているかもしれません。確かに、いつも何気なく使っているものの間違いに気付くという行為も、それを正すという行為も誰かに指摘されない限り、自分では気付かないものです。英文添削は「どこがどう間違っていて、従来のままだとこのように誤解されてしまう」といったような理由まで細かく教えてくれます。そのため、素直に聞き入れられますし何より納得ができるかと思います。今までは間違った文章を使っていたかもしれませんが、これから正しく使っていけばいいことです。英語に自信を持っている方こそ、一度英文添削をお願いしてみてはいかがでしょうか。

英文添削は、初心者から上級者まで利用できます。今は英文添削してくれる会社も増えていますし、簡単な単語だけであればアプリなども充実しています。専門業者へ依頼する場合は、メールや添付ファイルなどを送ればチェックしてくれますし、論文や業務用メールなど、様々な英文の種類にも対応可能です。また、最近では朝に依頼を掛ければその日の夕方までには添削を終了してくれる、短時間システムも導入されていますので、お急ぎの方などには便利なシステムです。自力でがんばって書いたけど自信がない、久しぶりの英文なので不安だ、念のために見てもらおう、という方は迷わずに活用すべきだと思われます。

この記事をシェアする