英文添削の会社に就職したい!どんなことを学べば良い?

英文添削というお仕事は、クリエイティブで語学を生かせる素敵なお仕事です。こうした会社に就職して自分のスキルを生かしてみたいと考えている方もいるのではないでしょうか。でも英文添削のお仕事ではどんな人材を求めているのでしょう。こうした疑問は実際に希望している方には気になるところです。実際の応募内容はどのようなものか、また体験者はどんな努力をしていたのでしょう。

どんな人材になれば就職に有利なのか、会社に求められるスキルとは何かなどを調査してみました。

英文添削の仕事とはどんなもの?

英文添削のお仕事って、具体的にどんなものなのでしょう。英文などの添削を行う会社に就職するために、まずは初歩的な問題でもある、お仕事の内容について少し触れてみたいと思います。実際に英文などの添削を主たる業務としている企業に調査してみると、「生きた英語を駆使して、英語学習や文章作成の手助けを行う事業」であるということでした。

まず「生きた英語」というものについてですが、英語だけでなく日本語でもフランス語でも、言葉は変化しています。例えば日本語でご紹介しますと、「貴様」と言われると、現在では多くの方が不快な気持ちになることでしょう。それは、現代では貴様という言葉の意味合いが、相手を蔑むような罵倒するような、更には喧嘩を挑むような表現に聞こえているからだと思われます。しかし、この「貴様」は冒頭に、貴族などにも使われる「貴」という漢字が用いられているように、実は本来は現在なような表現ではなく、むしろその真逆な意味合いで使用されていました。「貴様」とは、貴い方、身分の高いお方様という意味で用いられていたのです。時代の推移によって、日本語だけでなく、英語など多くの言葉は、この「貴様」ように変化します。そう、まるで生きているように変化します。ですから「生きた英語」というのは、現在使われている英語という意味でもあるのです。

英文添削では、この今使われ、理解されている意味合いを重要視した英文を重用する仕事を大切にしています。それこそが、言語は違えど伝えたい意味合いにつながってくるからなのです。ですから、この意味合いを理解しているということが、この仕事に就職する以上は重要な部分になってくるのです。

ご紹介した一部の会社だけでなく、英文に携わる多くの会社で、こうしたスキルが求められているとも言えるのですが、英文添削もそうですが、日本で英語に携わるということは、日本語の意味合いや気持ちを英語の文章で同じように伝えることが大切です。特に気持ちを重んじる日本の心は、言語が違っても、同じように伝えたいというのが多くの会社が求めるところでしょう。ここが「英語学習や文章作成」にも共通してくる部分でもあります。総称しますと、日本語の気持ちを伝えられる英語力が求められるということです。

どんな勉強をすれば就職できる?

では、具体的に英文添削の会社に就職したいという場合、どんな勉強を行うと良いのでしょう。

実際に英文添削の会社に採用されたという方を調査してみると、多くの方が学生時代から英語に馴染み、日常的に英語を使う環境にあったという方が多いようです。例えば、幼少のころから英語を公用語として使用する国で生活していたという方や、生まれも育ちも日本だが、英語が好きで学生時代に留学した方、留学できずともTOEICのテストで900点以上を出したり英検1級を持っているという方が多く存在しています。

実際に英文添削の会社の採用募集を調査してみると、就職採用の必須条件としてTOEIC(R)900点以上また英検1級以上若しくはそれ同等のレベルの英語スキルを持っていることを条件としているところは多いようです。また、これに加えて社会人としての経験値を求め、5年以上若しくは3年以上何らかの会社経験があるということを必須とされている場合も多くありました。

またこのほかの優遇条件というのもあり、海外留学経験や、海外での勤務経験、在住歴のほか、翻訳や通訳経験というのも加味するというのが多いようです。こうしたことを踏まえれば、単に学校で習得したという程度ではなく、ある程度の実務経験が求められるということのようです。もし、英文の添削などを行う企業への就職を希望しているという場合には、日常会話以上の英語スキルが必要になりますから、簡単に就ける仕事ではないことを肝に銘じましょう。金銭的にも能力的にも、相当の覚悟で勉強する必要があるといえるでしょう。

英文添削の仕事を見つけるコツは?

例えばこの仕事に就きたい、こんな職種の仕事を希望しているという場合は、思っているだけでは「絵に描いた餅」というコトワザもある通り、夢をかなえることは難しいものです。どんなことも、希望するものに就きたいのなら、そこに向けて勉強だけをがんばるのではなく、希望の仕事に就くために持っておいたほうがいい経験なども積極的に行っていく必要があります。

例えば、英文添削の会社に就職したいと思ったのなら、その夢を希望した理由からたどってみるというのはいかがでしょう。何故、そのお仕事を夢にしたのか、出会いはなんだったのかということです。例えば幼少のころ、英語の能力向上のために利用したことを覚えていて、夢に抱いたのなら、その企業に事情を説明し、もう一度英文授業を取りいれ自分のスキルを確かめるのも方法です。また、募集の有無にもよりますが、求められているならアルバイトからでも初めて見るというのも良いでしょう。

もしくは、大学など学校のレポート作成で利用した経験があるのなら、定期的に利用することで、担当者と交流を図り「ゆくゆくはこうした仕事に就きたい」と自分の夢を伝え、担当者の努力方法を教えてもらうというのも一つの方法です。もちろん、正攻法で就職活動として、募集があれば採用試験を受けるというのも重要です。ただ、仕事との縁というのは、どこに転がっているのか、この縁に関しては、誰にも分らないところです。引き寄せるのは自分の努力と縁だけです。ですから、こうした小さな努力から自分の夢をかなえることだってできるのです。こうした努力だけではありません。例えば企業のホームページを積極的に閲覧し、例えばイベント開催などがあれば、積極的に参加したりというのも宜しいでしょう。

ただし、どのような場合においても一番重要なこと、それは英語力というのは必須条件であるということです。顔を出して売り込むだけではいけません。自分の英語力のスキルアップも同時に図りながらというのがおすすめです。

まとめ

英文添削のお仕事というのは、単に英語を教える程度の英語力だけでは務まらないレベルのお仕事でもあります。一見大変そうな仕事こそ、しっかりと取組むことで、自分のスキルアップとやりがいを感じることができるものでもあるのです。

よく「自分の存在意義」なんて言葉を聞くことがあります。会社のコマとして働いていると、ただのコマである自分の存在意義とは何ぞや?なんて疑問が心に浮き出し、仕事に対するやりがいを失ってしまう、そんな人も少なくないのが現代社会です。

スキルが高い仕事とは、乗り越えたときやりがいを感じられるものでもあります。英語のスキルを向上させ、努力した先に、やりがいを得ることだってあるかもしれません。無理、無駄と思わず、夢を抱いたのなら就職に向けて努力してみるのも良いかもしれません。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。