正しい選び方知ってる?英文添削のバイト

英文校正のバイトの募集はインターネットでたくさん見つけることができます。時給制のところもあれば歩合制の所もあります。また、業者によって引き受ける依頼の内容を決めている所もあります。

英文添削のバイトは比較してみるといろんな条件の会社があるので、自分に合う求人をみつけましょう。では、どういう点を比較するといいのか、順番に見ていきましょう。

時給制か歩合制かは事前にチェックしよう

英文添削のバイトの報酬は業者によって異なります。時給制の所では時給1300円や1600円の所もあり、添削の内容は中高生の英語答案の添削、英文資料や、資料の概要の日本語訳などがあります。在宅での仕事を許可している業者もありますが、月に2?3回、打ち合わせ等で出社を条件にしている場合もあります。

在宅の場合、時給といえどもシフトがないことが多いので、基本的には自由に仕事ができますが、会社が条件としている仕事量はこなさなければいけません。歩合制の所は、1シートいくら、1単語いくらという計算方法で報酬が決まります。

なので、仕事をどんどん引き受けて稼ぎたいという人には向いているかもしれませんし、週によって仕事ができる量が変化するという人にも安心です。

校正する原稿の種類は調べておくこと

英文添削といっても、いろんな英文があります。難しい物でいえば専門的な論文や本、比較的身近なものなら中学や高校生の英語の答案用紙です。また論文でも、様々な分野があり、添削の業者でも専門分野ごとに人員を分けて、お客様からの依頼を振り分けていることが多いです。そのため、見つけた求人がどういった英文の添削業務をするのか予め知っておいた方がいいでしょう。

例えば、専門的なものは1つの仕事に対して時間がかかるため、できるだけ簡単な英語の添削がいい場合もありますし、逆に自身の専門分野の知識も生かしたいのであれば、その専門分野の案件を扱えるような求人を選ぶべきです。応募の前に、まずは今回のバイト求人がどういった業務をこなす人を募集したものなのかを確認するといいでしょう。

会社の経営はきちんとしているかも忘れずにチェック

会社の経営がきちんとしているかも確認しましょう。英文添削は毎日会社や所定の場所にいかなくても仕事ができるバイトです。普段はメールや電話でのやり取りがメインな会社も多いです。最近では給料も振込が当たり前なので、会社の人と顔を合わせる機会も他のバイトよりも少なくなりがちです。

こういう時に出てくる心配が、会社そのものがちゃんとしているのかということです。もしも経営が危ない会社や、バイトからお金を騙しとることを目的にした悪徳な会社であった場合、仕事をしても報酬支払われないことがあるかもしれません。ホームページなどでもこれまでの実績やお客様からの声、会社概要がチェックできるか、こういった点だけでも確認してみましょう。

まとめ

英文添削のバイトはたくさんありますが、自身の希望の条件に合った求人を見つけるようにしましょう。時給なのか歩合制なのか、どういった英文の添削の仕事なのか、こういった仕事に関しての条件を確認し、さらにその会社の経営状態もできる限り確認しましょう。

英文添削のバイトは仕事を納期までにできれば比較的こちらの自由に仕事ができますが、自身の英語能力を安心して十分に発揮できるような、信頼できる会社に応募しましょう。

この記事をシェアする