英文添削のバイトに求められること

英文添削は英語ができる人にしかできないので、英語を得意とする人にはいいバイトになります。しかも、バイトの中では比較的高い報酬を期待できることもあります。

在宅でできる場合もあるので、外に仕事に出て行きにくい人でもやりやすいバイトです。添削のバイトをするためになにか必要な資格や能力はあるのでしょうか。英文添削のバイトを考えている人は是非参考にしてみてください。

資格は必須の場合が多い

英文添削は英語を使う仕事ですので、英語に関する資格が必要になったり、またその他にも高いスキルを要求されるケースが多いです。例えば、TOEICは英語能力を測るテストとして知られていますが、このスコアが900点以上、英検だと1級を必要としている業者もあります。もちろん、これらの資格が必要でない業者もあります。

しかし、そのような場合でも同様のレベルの英語能力がないと、英語添削バイトをするのは難しいでしょう。どの資格も、学生の間に受けたという人が多いのではないでしょうか。もしお持ちでしたらすぐにバイトに応募しやすいですし、これから受けるという時でも、資格という明確な指標があれば準備がしやすいですね。

この英語能力のスコアの他に、英語圏に住んでいたことがある、留学したことがあるということがあれば、優遇してくれる業者もあります。

納期を守ることができること

英文添削は、納期を守ることができる人であるという点が重要視されます。これは約束を守ることができるということにも類似していますね。バイトとして雇ってくれた会社が、お客様から依頼を受けます。そしていつ頃までに納品してほしい、または会社の方からいつまでに納品します、といった約束がされます。その納期に合わせて、会社の方からバイトの人に対して仕事として渡されます。

そのため、バイトの人が納期を守れなくなると、納品の日が変わってしまったり、バイトの仕事の後を担当する人の仕事のスケジュールが立て込んでしまったりする可能性もあります。もしも納品日が遅れることになれば、お客様が困ることになるかもしれませんし、会社の信用にも関わります。しかしながら、納期を守ることは英文添削のバイトに限ったことではないので、身につけるようにしたいですね。

海外在住経験が求められる場合もある

英文添削は「英語ができる」は必須事項ですが、海外在住経験があるとより重宝されます。日本に住んでいて、海外に行ったことがない人でも英語ができる人はたくさんいます。しかし、それでも英語圏に短期間でも住んでいたことがあれば、ネイティブスピーカーとのやり取りで自然な英語を学ぶことができます。

また話す能力も書く能力も鍛えられます。これは日本の中で英語を勉強していた人では経験できないことです。お客様は英語の構文や表現を英語圏の人が読んでも違和感がない物にしたいと思って依頼しています。

そのため、海外在住経験がある方でないと添削が難しいこともありえます。そういうことから海外在住経験があると、英語添削のバイトでは大きなポイントになります。

まとめ

英文添削のアルバイトは比較的いい時給になり、英語ができるのであれば是非やりたいバイトです。英語添削のバイトをするには英語ができることが証明できるものがあると便利ですし、海外在住経験があるならばなおのことよいです。

しかし、納期を守るといったことも重要視される仕事です。スケジュール管理が苦手な人は手帳などを使い、仕事の配分も考えるようにしましょう。

この記事をシェアする

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。