英文添削プログラムの内容とビジネス英語に必要なもの

日常の英会話とビジネス英語は違う?これから勉強しようとしている人たちには、ビジネス英語がより難しいイメージに映っています。日本語も英語も、上達の基本は同じなのです。英文添削の講座では、ビジネスに活かせる実践的な読み書きや英会話が学べるようです。英会話スクールでもそうですが、自分のレベルに合わせて講座の内容を選択するのが上達への近道です。英文添削プログラムの内容を知り、英語を学ぶにあたって必要なものを一緒に考えてみましょう。

ビジネス英語に必要なものとは?

お仕事で日ごろから英語でやり取りをしているみなさん、これから英会話や英文添削の講座などで勉強しようと考えている方に質問です。英語ではなく、あえて「ビジネス英語」を選ぶ理由はなんでしょう?一般でいうビジネスで通用する英語力を指しますが、英会話の上級編というわけではありません。仕事上の専門用語を用いて交渉、議論をするための英語力と言ったほうが一番わかりやすいかもしれません。自分の仕事の分野に活かせる専門用語を覚えるのが、上達の近道になるようです。

講座を受けるにあたり、英語の独特ななまりに慣れておきましょう。日本語には全国各地に方言があり、英語にもその国のイントネーションやアクセントがあります。学校のヒアリングテストで聞くような標準的な発音の英会話は珍しいそうです。はっきり聞き取れる発音の英語より、クセのある英語のヒアリング数をこなして音に慣れることが大切です。ヒアリングで聞き取れない英語については、自分で発音することが難しいと言います。言われてみれば聞いたことがない発音、英語の音を再生するには、参考になる音がなくては真似のしようがありません。せめて、仕事で関わる国のヒアリングには慣れておきたいものです。

次に語彙力を高めましょう。ビジネス用の英語は日本語では丁寧な言い回しをする会話になり、ネットで調べても通常の英会話とビジネス英語は区別されていることが多いです。日本語には相手を気遣う丁寧な言葉や、あいまいな意味合いの言葉が存在します。英語も仕事でここぞというときに使える表現があります。日本語と英語で共通しているのは、伝えたい内容は同じだけども、言い回しのパターン(語彙力)を覚えることによって表現力が上がるということです。

日ごろからできることとして、たくさんの英文を見たり聞いたりしましょう。いろんな意見を集約するには、自分の意見を伝えるのも大切ですが相手の話を良く聞くことがスムーズな取引には重要です。ビジネスで使う言い回しのパターンがあり、その会話の内容を学ぶことで返す会話が違ってきます。仕事の中で、文書にして取引先へ送ることもあるでしょう。耳で聞く情報と、紙面では情報量が違います。聞いて書くことで英語力を上げる「英文添削」という勉強法では、ネットを通じ自分の専門分野の文書に特化した英語が勉強できます。

何が足りないのか?どこを勉強していけば良いのか?英文添削講座の受講できっとその答えが見つかるはずです。

自分のレベルに合わせて受講しよう

上達への近道は、自分のレベルに合わせた講座選びから始まります。英文添削のプログラムを見ると、英会話やビジネス英文の作成がどの程度できるかでクラス分けされているところがほとんどです。英文初心者でもOKとしている講座では、単語を知っているレベルであれば、文法が苦手でも問題ないと書かれています。英文を書きながら、表現方法を調べてもわからないときは日本語で質問するようにアドバイスがあります。絶対に英語で書かなければならないのではなくて、英文を書くためのヒントがもらえるのも英文添削講座の良いところです。どこまで自力で英文が書けるのか実力を知りたいときは、講座のコースを選択する前に一度、内容を講師に見てもらいましょう。

英文添削の講座は、英文の単語数で添削料金が変わる講座、講座側で用意された課題を提出するもの、一日一回の提出で日数と料金が決まっている講座があります。さらに選択コースがわかれており、ビジネス英語の基本的な取引に使う英語力でいいのか、専門的な会話の内容をより深めたいのかで講師陣の選択が変わってきます。専門分野の添削に特化した講座があるので調べてみてください。

とある講師の話では、英語添削には終わりがないと言います。内容の添削に時間をかけるほど、英文法の間違いを正すだけでなく相手により伝わる言い換えや表現ができるそうです。自由に講座の回数やコースを選択できますが、単発ではあまり効果が上がらないとも言えます。一定の回数や時間をかけることで、より深い英語の表現法が身についていくのです。ただし、添削する講師が英語と日本語、専門用語に長けていないと成立しないものです。限られた時間や英文の単語数の中で、どの部分にウエイトを置いて添削してもらうのか?明確な目的や勉強する部分をはっきりさせておく必要があります。

大事なのは読むことと書くこと

英語を日本語のように理解するには、日本語と同じように英語で読み書きができることが大事ではないでしょうか。英文添削の講座では、文法の間違いを正し、構成の仕方や語彙力を高めビジネスの実践で活かせる英語が勉強できます。なぜそのように添削するのか?理由をしっかり解説してくれる講座や講師を探しましょう。英文で自分がどんなことを表現したいのか、わかりやすい英文の書き方、相手に伝わる「生きた英語」を英文添削で学びます。

英語を身につけたいと勉強をしている人のほとんどが、英会話に重点を置いて講座を受講する人が多いようです。会話については、ビジネス英語を実際に話す人に言わせると、専門分野の枠の中で内容を話すので難しいとは思わない、かえって日ごろ使う英会話のほうが想定外の内容を振られて焦ることがあり難しく感じるそうです。英文添削では文書を目で見て読み取る力と自分の主張を英文にする書く力、耳から聞くリスニング力がつくプログラムが用意されていて、応用力が鍛えられる内容になっています。英会話スクールにはない魅力の一つです。

海外の取引では英文の書面を送り合うことも多いでしょう。英語の読み書きができることがベースになって英会話の上達につながると言われています。ビジネスにおいて想定されるシーンとして、事情の説明、確認、お詫び、お断りや拒否、要求、反論などがあります。講座の中にはビジネスの現場で実際に経験を積んだネイティブ講師陣が在籍していることがあり、実践的な指導が受けられるようになっています。

講座と合わせて実践していきたいのが、毎日の出来事を英文で書くことです。通勤時間の合間に、自宅で寝る前の習慣として、一日のどこかで英文を書く習慣を身につけましょう。添削されたら、見直すだけで終わらずに注意された部分を書き直します。頭で理解できても、書けないと意味がありません。書いた文章を数回音読し、目と耳からの情報で確実に頭の中に入れていくのが勉強のコツです。

まとめ

ビジネス英語を学ぶにあたって、たくさんの英文に触れ英語の文化を知りましょう。日本語と同じように、英語にも方言や言い回しがあります。語彙力や表現力は、いろんな英文の内容を読んで書くのを繰り返すことで高められます。勉強する手段の一つとして、英文添削講座があります。目的別でコースがわかれており、料金やプランも自由に選択できます。英文添削講座で学んだ内容を生かすために、一日の出来事を英文で書く習慣にすることで、英単語の数も増え使える英語が身につく近道になります。海外との取引では、英会話と英語の文書を自在に操るのが武器になります。ビジネス英語を確実に身につけるには、読むことと書くことが大切なのです。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。