365日いつでもe-ラーニングで英語の作文スキルがアップに役立つWT(Writing Tutor)は自宅学習におすすめ - 英文添削サイト徹底比較!【15社】

365日いつでもe-ラーニングで英語の作文スキルがアップに役立つWT(Writing Tutor)は自宅学習におすすめ

英文レポートや試験の英作文は、英語を学習している人にとっては欠かせません。
WTは、24時間、365日いつでも英語の添削をしてもらえるe-ラーニングです。
WTは英検を運営している企業が提供しているため、特に日本人特有の表現を正しい英語表現に添削してもらえます。この記事ではWTの特徴やサービスについて紹介します。

日本人専用のE-ラーニングで英語のライティングを向上させるWT(Writing Tutor)

TOEICや英検、TOEFL, IELTSなどの英語試験や、留学、資格取得、ビジネスで英語が必要など、英語を学習する人たちにとって、自分が好きな時間にオンラインで自分が書いた英語を添削してもらえることは、とても重宝します。
特に、学校の課題や、ビジネスメールなどは添削回答を何日も待つことができず、翌日にライティング課題の提出や、当日中の返信が求められることも多くあります。

WT (Writing Tutor)は、インターネットが使える環境であれば、24時間、365日、いつでも利用できるため、オフィスでのランチタイムや通学途中など、気軽に英作文のライティング学習ができる次世代のe-ラーニングです。

WT (WRITING TUTOR)の特徴は日本人の英語に特化した英語添削

一般的に利用されている英語添削アプリは、世界中で使えて、ネイティブスピーカーや英語のレベルが高い英語学習者が添削することもありますが、これらのアプリとWTの大きな違いは、日本人の英語に特化した英文解析を行い自然な英語の文章にするため、日本人特有の英語の間違いや冠詞、英語表現を添削してもらえます。

また、日本語が全然理解できないネイティブスピーカーの添削とは異なり、日本語独特な文章に近い英作文に添削をしてもらえるので、自分が書きたかった日本語の意味により近く、自然な英語にすることができます。
これらの添削結果に表示されるヒントをみて訂正をし、繰り返し添削された英語表現を使って身につけることで、英語の表現に幅でき、ライティングスキルが高まります。

日本人は学習しない英語特有のコロケーションで英作文を添削

日本人は、学校などで学んだ文法に英単語を組み合わせて英作文をするのが一般的ですが、アメリカで英語を勉強する学生はcollocation(コロケーション)という英単語と英単語のつながりで英語を学ぶため、英語を母国語とする人たちは誰が読んでも自然な文章を書くことができます。
コロケーションを覚えると、英語をフレーズとして書くことができるため、早く、効率的に英作文できるようになります。

コロケーションの例
1. 洗濯をする  Do laundry (✖ wash laundry)
2. 寒くなる  Get cold (✖ become cold )

このように英語学習初心者が間違いやすい英単語のつながりを、WTを使うことで正しい英語のフレーズ(コロケーション)に添削してもらえるために、英語のボキャブラリーが増え、さまざまな表現で英語を使うことができます。

WT (Writing Tutor) を運営するのは、英検を実施している日本英語検定協会

WTを運営しているのは、英検を実施している日本英語検定協会だと聞けば、なぜ日本人に多く見られる間違いや不自然な英語表現に対応しているのか理解できるのではないでしょうか。
英検は日本独自の英語検定ですので、日本人が英作文をする時に間違いやすい表現をよく理解しています。
そのため、WTは日本人が書いた英作文を採点する際、6つの項目で採点し、ヒントつきで添削をしてもらえるのが大きな特徴です。

WTを使って、英語の文章を書くことに慣れ、英語力を試すために英検を受験すれば、自分の英語力が明確になり自信へとつながることでしょう。

自分の興味があるトピックから作文して6つのカテゴリーで瞬時に添削

WTで添削してもらえる英作文のトピックは、「趣味」、「私の夢」、「最近のニュース」などの内容から選択できます。

正しい英語ライティング力をアップする6つの添削カテゴリー

英作文のライティング力を上げるには、文法、ボキャブラリーなどさまざまな要素を総合的にレベルアップすることが求められます。
WTの添削方法は、次の6つのカテゴリーをまんべんなく網羅して、スペルミスなどがない、バランスがとれた英作文にすることが大切です。

コンテンツ(内容)

コンテンツとは、自分が選んだトピックの内容のことを示します。
優れた英作文のためには、トピックとコンテンツが一致して、話題の焦点がズレていないか、見合った内容であるかどうかが重要なポイントとなります。
さらに、自分なりのアイデアをプラスして内容を豊富にしたり、不要なコンテンツを削除して分かりやすい文章構成にしたりなどのテクニックも必要となります。

オーガニゼーション(文章構成)

文章にはアウトラインと呼ばれる構成があり、英語のエッセイは3つのパートで成り立ちます。
これら3つのパートは序論、本文、結論と呼ばれ、さらに本文は2~3つのパラグラフから構成されるのが一般的な英語のアカデミックライティングです。

各種英語能力試験で有名なIELTSやTOEFLなどで出題される英作文課題は、全てこのライティングスタイルでの作文が求められます。
さらに、1つの英語の文章につき3~4通りの違う言い回しのフレーズを使えることなど、アカデミックライティングはハイスコアを取得したい人ほど、高度なライティングテクニックが必要とされます。

WTの添削では、このように同じフレーズを繰り返し使っていないか、伝えるべき内容が分かりやすく、簡潔にまとめられているかなどをチェックしてくれます。

ボキャブラリー

英語の作文では、同じ意味でも違う単語や熟語などを使用して文章をライティングすることが必要です。
特にアカデミックライティングや英文レポートなどでは、バラエティ豊かな単語を使用することで、ボキャブラリーの高さを示すことができ、ハイスコアへとつながります。

例えば、Getという単語は日常的に頻用されますが、このGetにはさまざまな意味があります。
さらに英語にはSynonyms(同義語)と呼ばれる単語が複数あることが一般的で、これらの単語を必要に応じて使うことで、より豊かな英語表現になります。

名詞と形容詞の組み合わせが適切か、コロケーションが正しく使われているか、動詞と名詞の組み合わせが正しいかなどもWTで添削が可能です。

グラマー(文法)

英文を構成する骨格がグラマーですが、日本人に多くみられる冠詞(a、the)の間違いを正しく添削してもらえるのがWTの利点です。
その他にも、単数と複数、時制の間違い、主語と動詞が適切か、また前置詞の間違いも日本人には多くみられます。
これらの間違いは、全て日本語には冠詞や前置詞、単数と複数などの概念がないため、うっかりミスをしてしまう項目です。

WTは、これらの日本人の英作文にみられがちな間違いを正しく添削して英作文を評価します。

メカニクス

英語の文章はほとんど全て、ピリオドかクエスチョンマークで終わり、感嘆文の時にはエクスクラメーションマークで終わります。
また、長文になると文章中にカンマを使うことがあります。英語の文頭は、全て大文字を使い、単語が2つ以上つながって意味を示す場合には、ハイフンを使用する、文章の終わりと次の文頭にはスペースを入れるなど、一定のルールがあるため、WTはこれらのチェックとともに、スペルミスがあった場合には添削してくれます。

スタイル

英文も日本語と同様にビジネスなどで使うフォーマルなスタイルと、日常的に使うカジュアルなスタイルがあります。
そのため、ライティングする文章が論文スタイルなのか、ビジネスレターなのかなど、用途にふさわしい文章スタイルで書かれているか、スラングなどが使用されていないか、ふさわしくない内容で書かれていないかの他、論文やアカデミックエッセイなどでは、シカゴスタイルとよばれる1~9までの数字の表記は英文で記載をするなど、数字の表記についてもチェックして評価をします。

WTは英作文に必要な6項目を総合的に添削してスコアアップに

英文ライティングは、これらの6項目を総合的に正しい表記で作文するスキルが求められます。
ボキャブラリーは良くても、作文のコンテンツがトピックにふさわしい内容になっていなければ、スペルミスや文法の間違いなどがなくても、大きなマイナスポイントへとつながるため、日頃から正しい英作文に慣れておくことが、英語試験で勝つための近道です。

英文ライティングの必勝方法はWTが添削の際に評価する6つのカテゴリーをミスすることなく、正しいルールやスタイルで書かれたコンテンツであることが基本的で重要なポイントとなります。
特に、英作文に慣れていない人にとって、正しい英単語の組み合わせや、文章内容にふさわしい単数・複数の使い分け、冠詞の使い分けなどは自分がライティングした英文を添削してもらうことで、正しい英語を学ぶきっかけにもなりますので、ぜひWTを活用してスコアアップを目指してください。

Categories

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。