英文を学習する方法

書く、読む、使うの三段活用!

英文を勉強するのに必要な勉強法は、何といっても書く、読む、使うの三段活用が大事です。英文添削サイトを利用しながら、間違った箇所を全て書き出し、何度も書いて覚えるようにしましょう。また、英文を書くだけでは英語を扱っているとは言い切れません。生きている英語を学ぶ為には声に出して読んでみる事が大事です。知らない単語や間違いやすい構文は、音で認識させておけば自然と覚えていきます。英文添削サイトでチェックして貰った正しい原稿を通しで読んでみるのもいい方法です。言葉は意味を考えて覚えるよりも、何度も声に出して覚えていくものです。そして次に、覚えた単語や構文を使って、英文に活かしてみましょう。なるべく使った事の無い単語を使ってみる事が大事です。

ネイティブスピーカーから学べ!

英文添削サイトでは殆どがネイティブスピーカーによる添削が行われていますが、それは海外でも自信を持って表現できるような自然な英文を作成できるようになる為です。言葉とは、現地の生活や空気によって生き物のように変化していくものです。今ではあまり使われていない言葉や堅苦しい表現や言い回し、また場によってはフランク過ぎる表現等々、単に単語を並べるだけの勉強だけでは決して理解できない部分が多々あります。折角生きた英語を英文添削サイトで学んでいるのならば、英語を使ってネイティブの方たちとコミュニケーションを取ってみるのも新たな学びに繋がると思います。例えば留学生に日本の文化や言葉を教える為のボランティアを経験してみたり、SNSで交流サイトを見つけて海外の方と友達になってみたりすると良いかもしれません。

自分の好きな物事から吸収せよ!

知らない言語を学ぶというのは大変なストレスを感じるものです。単に覚えなければならないと思い込んでいる内は、中々知識として入ってはきません。しかし、自分が好きな物事から英語を学べば、より早く吸収できる事間違いなしです。例えば、学校で習うような決まりきった表現の英文ばかりだと書く気が湧かないですよね。しかし、自分の趣味や好きな物についての情報を英文にしてもいいならば添削してもらいたいという気がしてきませんか?今では動画のサイトやSNSなどで海外からの情報が閲覧できます。リスニングするにしても教科書に出てくる典型的な英文より、好きな映画やお気に入りのキャラクターについての情報を聞く方が楽しいですし、好きな物ならばどんどん知識として頭に入ってきます。添削サイトに100%頼りきるのもいいですが、たまには英語を学ぶ環境を変えてみてもいいかもしれません。

この記事をシェアする