英文を書くための基礎知識

英文学習には最低限の基礎知識が必要!

英文でのメールのやり取り、論文やレポート作成が出来れば・・と考えた事はありませんか?英語ができれば仕事の幅が広がりますし、キャリアアップにも繋がります。就職の際には英語が出来なくても入れたのに、キャリアを積んでいけば結局英語の知識が必要だったというケースも多くあるようです。そこで英文添削サイトを使えば、仕事で忙しい人でも時間を見つけて英文を書くだけなので、効率良く学習できます。ネイティブスピーカーの方が添削してくれるというサイトが多いので、机に向かって勉強するだけのスタイルよりも、より自然な英文が身につくかと思われます。しかし英文添削サイトを使うには英文がある程度書けるという事が前提です。英文を書く為に必要な基礎知識はどうやって培えばいいのでしょうか。

必要最低限の単語を覚える

まずは英文を書くために欠かせない英単語を覚えましょう。大人になってから新しい単語を覚えようとしても頭に入ってこないのでは・・という不安もありますが、英文を書くには最低限の単語知識は必須です。単語の暗記には、とにかく書く、そして読むという行為の繰り返し以外にありません。毎日数個ずつでもいいので書き出し、アクセントに注意しながら読み、音感で頭に入れましょう。中学生レベルの単語が入っていればある程度の英文は書けますし、添削サイトでも十分活用出来るかと思われます。ただどれだけ単語を覚えたとしても、次から次に知らない単語は出てきます。日本語ですら知らない漢字や単語があるように、言語は完全には理解できないものです。添削されながらその都度辞書を引っ張り覚えていくしかありません。

文法の構造を理解しよう!

英文を自分で書く為には英文の構造を理解していないといけません。勿論、間違っていれば添削サイトで理論立てた丁寧な校正をして貰えるとは思いますが、あまりにもちぐはぐな英文を書いていては添削者も困ってしまいます。周知の通り、日本語と英語では構造が全く違います。添削サイトを利用する前に主語や述語の位置などについて復習しておくことが必要です。また、日本人の中で特に苦手意識を持っている人が多いのが前置詞の活用です。Inなのかonなのか、toなのかforなのか、これらの前置詞はある程度の構文を暗記しながら、またどの前置詞がどういった機能を果たすものなのかといった事を理解すれば、知らない言葉であっても、イメージだけである程度前置詞の予測ができます。

この記事をシェアする