在宅ワークで英文添削をするのは難しいのか?

最近の在宅ワークは様々な種類があります。文章作成や、造花などのインテリアを作ったり、会社から頼まれたものを家で行うことができるので、主婦の方たちに人気となっています。ここでご紹介しているように英文添削もあります。英文添削の在宅枠とは一体どのようなものなのか、また難しいものなのでしょうか。このサイトでは、英文添削の在宅ワークについて詳しく説明していきたいと思います。

在宅ワークでの利点

ここでは、在宅ワークでの利点についてお話ししていきたいと思います。家で仕事を行うことができます。在宅ワークを利用している方の多くは主婦(主夫)の方が多いです。家事の合間に、空いた時間でパパッとすることが魅力の一つとなっているのかもしれませんね。そのように時間にとらわれず仕事をすることができることも利点です。

会社に勤めて働くよりは、値段が少ないこともありますが、のんびりと人間関係に悩むことなく行うことができることも利点の一つだと思います。英文添削に関しても同じようなことが言えます。英語の力を持っていても仕事ではあまり使わない、退職して暇を持ち合わせているなんて人におすすめです。

在宅ワークでの欠点

ここでは、在宅ワークでの欠点についてお話ししていきたいと思います。先ほど、利点についてお話ししましたね。では、欠点とは一体どのようなものがあるのでしょうか。まず、仕事を行う時間が決まっていないので自分の好きな時間に行うことができる反面、自分でスケジュール確認をしないといけないという面倒なところもあります。自分でスケジュール確認をするのが苦手な人は少し向いていないかもしれませんね。

次は英文添削に関わってくる問題になりますが、英語の資格のレベルがとても高いです。英語検定で言えば英語検定1級、TOEICで言えば900以上が必要になってきます。これはある一例の会社ですが、他の会社も同じようなレベルの英語力が求められます。その為、誰でもできる、というわけではないのが少し欠点かもしれません。

在宅での英文添削を依頼している会社

次に、英語添削を依頼している会社についてお話ししたいと思います。ここで、ご紹介したい会社は「IDIY 英文添削アイディー」という会社です。どのような会社なのかご説明していきたいと思います。アイディーのキャッチコピーとしては「世界中の講師と166円からのスキルアップ」というものがあります。何か気になりますよね。それでは見ていきましょう。

アイディーでは、2つのお仕事を行うことができます。1つ目は、添削結果をお客様にお教えするお仕事です。添削された英文が、なぜこのように添削したのか、どういうポイントが重要なのかなどをわかりやすく伝えるお仕事です。しかも、家にいなから教えることが可能ですのでお客の家に行かずとも教えることができるので、英語を教える楽しさもありつつ家の仕事もできるものとなっています。

2つ目は、英文を添削するお仕事です。お客様の英文を美しく・正しく添削するお仕事となっています。こちらは、英文添削後に教える作業がないので、純粋に英文添削能力のみで採用が決まります。しかし、どちらを選んでも英文の添削ができる必要がありますので、英語のスキルは高いものが必要になってきます。

まとめ

ここまで、在宅ワークでの英文添削についてご紹介してきました。英文の在宅ワークには様々な利点や欠点があることがわかりました。英語のスキルが予想以上に高いものが必要になってくることもわかりましたね。条件は厳しい分、やりがいがある仕事だと思います。

英語が好きな方や英語を使って仕事をしてきた方など、英語を楽しみたい方も含め面白いお仕事だと思いますので、ぜひ一度興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。時間が許す限り行うことができるので、暇を持て余している方におすすめです。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。