Wordの校正機能は英文添削に役立つか?

ワープロソフトのWordは比較的手に入りやすく、身近なソフトであるといえます。ワープロソフトのひとつとして愛用している人も多いのではないでしょうか。英文ライティングをおこなう際にも重宝するソフトであるため、ぜひ活用してみることをおすすめします。初めてWordで英文校正する場合は、機能の種類についてわからないこともあるかと思います。そこで、Wordのなかでも英文校正で役立ちそうな機能についてご説明します。

Wordでできるスペルや文法などの自動英文校正について

Wordには文章入力ミスや文法のミスを指摘してくれる、自動スペルチェック機能や文章校正機能があります。英文校正にも利用できる便利な機能です。バージョンによってソフト内にあるツールボタンのレイアウトが多少異なってきますが、自動スペルチェックと文章校正という項目を探して使てください。バージョンが新しいほど見つけやすくわかりやすくなっています。使い方は基本的に同じで、その機能についてご説明します。英文校正にも使える自動スペルチェック機能と文章校正機能の詳しいオプションボックスを開くと、スペルチェックの項目がいくつか出てくるため、英文校正に該当するチェックを入れていきます。Wordでの入力時にスペルチェックをおこなってくれる設定にもできるため、入力しながら英文校正ができる点は楽だといえます。文脈に応じた文章校正にも対応していて、文法と併せてチェックをおこなえるところも便利です。設定次第で好きなスタイルや文法チェックがおこなえるところは魅力的だといえます。

英文校正の修正もしやすいWordの便利な機能について

Wordで自動設定をすることによって、スペルミスしている英単語部分に赤い波線が表示されます。文法上のミスをしている部分は緑の波線が表示されます。修正するにはメニューにある文章校正をクリックします。修正候補の一覧から英文校正にふさわしい単語を選びます。修正候補の一覧に候補がない場合は英文が表示されているボックス内を直接修正することができます。オートコレクト機能があり、文脈にあうように自動修正してくれるため、長文である場合など、ライティングした内容を思い出す手間を減らせて便利だったりもします。このように英文でもWordで英文校正が簡単にできます。ユーザー辞書設定などで、辞書を追加登録しておけば専門用語や英語以外の言語をライティングする際の補足として役立ちます。スペルチェックでチェックがかからないため、ユーザー辞書設定なども活用してみてもよいと思われます。バージョンによって登録の仕方は異なりますが、オプションを開けば見つかることが多いです。

翻訳や類義語辞典もWordの英文校正で一緒に使ってみよう

類義語辞典機能は似たような単語から、探している言葉を簡単に選べるため大変重宝します。単語をドラッグすることによって、Wordのボックスに類義語の一覧が表示されます。適切な意味の言葉を選択し、挿入や置換ができます。表示される類義語からより適切な言葉を選べるため、操作しながらライティングできるところが、わざわざ辞書を引く必要がなく楽だといえます。英文校正だけではなく、Wordで翻訳機能を使えるところがこのワープロソフトの親切なところです。翻訳機能を使いたい場合は事前に追加のインストールが必要なバージョンもあるため、注意してください。言語設定をおこなう必要がありますが、多言語で使用可能なため、翻訳する言語と、翻訳後の言語を選んでください。間違った英文ライティングになっていないか念入りに確認するためにも翻訳機能は有効なツールだといえます。Wordはバージョンアップするごとに便利になっているため、ぜひバージョンアップして使ってみてください。

この記事をシェアする