英文添削は当たり前の時代!上手く活用できる料金はいくら?

英文添削のコスパを左右する要素としては、料金、スピード、クオリティが挙げられます。なかでも料金は依頼を検討するうえで重要となり、クオリティとのバランスも慎重に評価する必要があります。また、添削業者にはそれぞれ得意分野があり、添削を依頼したい原稿に合わせて業者をその都度変える、というのも有効な方法です。

英文添削を有効に活用するには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。また、添削を依頼することで得られるメリットには何があるのでしょう。実際に依頼する際の御参考になれば幸いです。

英文添削はどんな時に必要になるのか

日常生活のなかで英文添削の必要性を強く感じる機会はあまりないかもしれません。「英文を書くなら辞書や翻訳ソフトで充分でしょ」と感じている方も少なくないのではないでしょうか。しかしながら、企業で本格的に働くにはネイティブレベルの英語力が必要になりますし、大学でも講義をを英語で行うところが増えてきています。大げさではなく、英文添削が日常的に必要とされる時代がすぐそこまで近づいているのです。

学士論文などは以前から英文で執筆するのが常識となっています。日本の場合、すべての研究者がネイティブに通用するレベルの英語力を身につけているわけではありません。書くほうだけでなく、海外の研究者が著した論文を正確に理解するためには一定レベルの語学スキルが必要です。学会などできちんと対等にスピーキングおよびリスニングを行うのにも同じ程度の英語力が求められます。

ビジネスや研究分野だけでなく、個人的な文通などにも英文添削は利用されています。料金はレベルや期間に応じて細かく設定されているため、依頼前に必ず確認しておきましょう。

英文添削サイトの長所、短所を知ろう

英文の添削業務を外部に委託する一番のメリットは、仕事の効率化です。海外と頻繁に取引を行う外資系企業などでは、企業内に専門の校閲部を設け、英文書類の添削を独自に行っているところも少なくありません。

英文の校閲を自社で行うことにより委託コストを節約できるますが、その分専門職員の採用が必要となり、業務が煩雑になるなどのデメリットがあります。業者によっては、比較的リーズナブルな料金で利用できるところもありますので、雇うコストと業者に支払うコストを慎重に比較したうえで、最適な方法を選択しましょう。

また、個人で論文を執筆している場合も有力な選択肢です。理系が専門の場合は、日頃からネイティブの英語に触れる機会がありますが、ネイティブ英語に触れていない文系研究者の場合、英語で論文を書こうとしたときに困ってしまうケースも少なくありません。

英文添削ならどんな種類の論文もネイティブの手によって丁寧に直してもらえるので、正しい英語力が自然と身につきます。デメリットは、料金が多少かかってしまうことと、原稿が修正されるまで一定の期間が必要なことです。添削期間は業者によってばらつきがあるため、急ぐ場合はスピーディ添削を売りにしている業者に依頼しましょう。

英文添削サービスの見分け方

ひと口に英文添削業者といっても分野ごとに細かく分かれており、予備知識がなければどの業者に依頼すれば良いのか迷ってしまいます。ほとんどの業者は良心的でクオリティの高いサービスを心がけていますが、一部の悪質業者は料金と釣り合わない粗雑な添削を行っているところもあります。なかにはネイティブの専門職さえひとりも雇っていない業者もあり、注意が必要です。

業者のおおよそのレベルは、ウェブサイトを見ればわかります。料金設定やプランの説明が曖昧だったり、料金の安さばかりをやたらと強調したりするウェブサイトは注意が必要です。依頼前には電話やメールで細かい点を確認することになりますが、その際の応対に少しでも違和感を覚えるような業者は依頼を控えたほうが良いでしょう。

こちらの質問に的確な返答ができない業者は要注意で、スタッフのスキルが低い可能性があります。悪質業者ではありませんが、こちらの希望する添削と業者側の得意分野がうまく符合しなかった場合、思うような成果が期待できません。

依頼後の思わぬミスマッチをあらかじめ防ぐためにも、その業者がどのジャンルの添削に強いのかをウェブサイトで入念にチェックしておきましょう。

この記事をシェアする