楽しく学べる、英語の勉強の仕方

楽しみながら英語を覚える。それができたら誰も苦労しません。果たしてそうでしょうか。勉強の仕方がわからないだけで、英文というのは実はとても簡単なものではないでしょうか。楽しみながら学ぶにはまず自分の英語力、レベルを知る必要があります。それを知った上で仕方を考えたり、サービスを利用したりすることが重要です。

おすすめのサービスやその勉強方法にたどり着くためのアドバイスをしています。これから英語を始める方にとって有益な情報です。

まずは、自分の英語力がどれくらいあるかを知っておく

英語というのは一度つまずいてしまうと、不明点がどんどん大きくなってしまいます。不明点が大きくなりすぎると、なにがわからないのかわからない。特に英文に関してはゼロから始めるので、このようなつまずきが多いようです。つまづかないためには何から始めるべきでしょうか。

まずは自分の実力、英語力を把握し何が苦手なのかを浮き彫りにすることです。苦手分野を知らなければ、勉強の仕方を模索することも困難といえます。日本人の英語力というのは200カ国以上ある内の190位前後です。先進国である日本にも関わらず、なぜこのような状態なのでしょうか。それは冒頭でも申したように、自分のレベルに合わせた勉強をしていないからだと考えられます。上達したいなら自分を見つめ、仕方を模索。これがキーワードになります。

添削サービスを利用すれば、実力がわかる

実力を測るにはどうすればよいのか。テストでもよいですが、正解の数を数えても次に活かすことはできません。英語というのは文法が重要です。それをテストで図ることはむつかしいといえます。自分の苦手分野を知るには、添削サービスが向いているといえるでしょう。

添削だと文法の修正だけではなく、繊細ないいまわし、表現の仕方を学ぶことができるので、自分の苦手分野や癖をピックアップできるのです。これらをまとめていけば、自分に合った勉強の仕方が見えてくるとおもいます。添削サービスは自分のペースで勉強ができるので、学生だけではなく社会人や主婦、高齢者といった様々な方におすすめです。勉強を始めるなら今のレベルを把握し、記録すること。これが英語を学ぶ第一歩です。

正しい英語の勉強の仕方とは

どんなに魅力的な方法でも正しくなければ意味がありませんし、勉強というには難しくなります。正しい勉強の仕方でないと思うように伸びませんし、伸びないことでモチベーションが低下し、途中で投げ出してしまうことも。そうならないようには何をすればよいのでしょうか。

英語の勉強というのはトライアンドエラー、まずはやってみることが大事です。間違った部分、エラーがあればそれに特化して理解を深める。この理解を深めるという部分で、添削サービスは非常に優秀です。単語だけではなく文法から修正してくれるので、楽しみながら英文を習得できます。これを繰り返しながら、定期的に添削やテストで実力を測る。これが最も正しい英語勉強の仕方といえるのではないでしょうか。

まとめ

英語を学ぶため、最も効率の良い勉強方法。個人差はありますが、添削サービスで実力を知りあとはトライアンドエラーです。苦手分野を把握し、添削で修正をかける。これが最もよいといえます。そしてもうひとつ重要なのが、勉強の仕方だけではなく楽しみながら学ぶことです。上達したとおもったら英語で手紙を書いてみて、それを評価してもらうのもよいでしょう。楽しみながら学習するというのは、どんな優秀な勉強の仕方にも敵わないのです。

この記事をシェアする