SNSやビジネスなど、英文添削が必要になるシチュエーションとは

実際に英語を普段使っている方は日本中にどのくらいいるのでしょうか。周りにもそんなにいないし少ないのでは、と思っている方も多いでしょう。しかし、日本国内に外国人移住者が年々増えているのと同様に、日本にいながら英語を使わなければいけないケース、そして英語を話せる日本人も増えてきているのです。企業によっては英語が必須のところもあるくらいです。では、どのような場面で必要になるのか、具体的に紹介していきます。

英語って必要?なぜ必要?

英文添削を考える前に、そもそもなぜ英語が必要なのか疑問に思ったことがある方はいないでしょうか。ずっと日本に住み続ければ必要ないし、就職も英語を使わないところにすればいいと思っている方も多いでしょう。英語が必要な理由としてまず挙げられるのは、日本の今後におけるビジネス市場が大きく変わることが予想されているためです。日本は高齢化社会、少子化社会などと騒がれており、今はまだ良くても10年後、20年後あたりには多くの企業で経営が苦しくなることが見込まれています。国内だけでは追い付かず、海外進出が必須になるようです。そこで必要になるのが語学力です。もはや英語くらい話せないとどこにも雇ってもらえない、そんな時代が近々やってくるかもしれません。

日本は少し遅れている?ビジネスマンには常識の英語

他のアジア系列の国々を見ても、若い方の英語での日常会話程度は常識になっています。もしかしたら日本は少し遅れているのかもしれません。「私は話せなくても何も困らないし大丈夫」と高をくくっている方は、英語への興味を少しだけでも持ってみることが大切です。もちろん、日本には有能な企業も人材も溢れているので、既に海外で活躍している企業も多くあります。そういった企業のビジネスマンにとっては、英語くらいは常識だとされています。やはり、今日本国内で英語を使われる一番多いシチュエーションは、ビジネスの現場でしょう。海外事業との商談を中心とした電話やメールでのやり取り、もしくは日本在住の外国人社員がいる会社も増えているのではないでしょうか。英語を使うシチュエーションはまだまだ限られていますが、実はプライベートでも英語を使う機会は増えてきているのです。それにより、英文添削も少しずつ需要が高まってきています。

SNSで英語を使う理由とは?

今は世界中でSNSが拡がっています。若い方を中心に、何かしらのSNSを利用しているのが常識に近いくらいです。ご存知の通り、SNSは国境を関係なく、全世界の方々とやり取りことができます。場所は遠く離れていても、会ったことがない人でも、共通の趣味や好きなアーティストなどを通じて気軽に繋がれるのです。その人の日常を垣間見たり、お互いの情報交換ができたりと、新たなコミュニケーション方法と言っていいでしょう。そのSNSをより楽しく活用するために、海外の人と楽しく会話がしたいという理由から英語を習い始める方も多いようです。SNSはメッセージを送り合ったり、日記のように日常を綴ったりすることができるので、まさに英文添削が活躍できる場でもあります。

SNSは年齢を問わず人気がありますが、やはり若い方に特に人気です。学生の間でやっていない人はいないくらいでしょう。好きな海外の有名人が発信している言葉を理解したい、英語でメッセージを送ってみたい、という思いから英語を勉強したいと、SNSを通じて英語に興味を持つ若者が増えていることは確かです。そのような時、学校で教わらない文法でネイティブのように送ってみたい方に、英文添削はぴったりの勉強法だと言えるでしょう。英文添削は少ない文字数からも受付可能となっています。

この記事をシェアする