英語の文章がすらすら書けるようになる、添削サービスの利用法

義務教育を受けていれば誰しもが必ず英語の授業を経験しているでしょう。それだけ日本でも広まっていますし、仕事などで使っている方も増えているのではないでしょうか。

しかし、いくら馴染みのある英語でも、日常会話くらいなら何とかなりますが、文章にして説明したり意志を伝えなければいけない、という場面に出くわしたらどうでしょう。すぐさま対応できる方は少ないかもしれません。初心者から日常会話レベルまで、誰もが利用できる英文添削サービスについて紹介します。

英語の文章はなぜ難しいと感じてしまうのか

普通に英語で挨拶や軽い会話ならできるのに、文章にするとなるとなぜ急に難しさを感じてしまうのでしょうか。それは私達が日本語に慣れてしまっていることが大きく挙げられる原因です。日本語の文法と英語の文法は大きく異なります。日本語は、主語、目的語、動詞の順番で並ぶ文章がほとんどですが、英文だと、主語、動詞、目的語の順番になります。主語の後にすぐ動詞がくることが特徴です。

また、日本語は言い回しなどに変化を付けることで多様に表現できますが、英語はそんなにパターンがありません。日本語での文章の組み立てを一旦忘れて、全くの別の文法だと認識することが、英文を作る第一歩かもしれません。それを念頭に置いた上で英文添削サービスを利用すれば、より理解しやすくなるでしょう。

どんな添削サービスを利用すべき?

では、どんな英文添削サービスがあるのでしょうか。現在はインターネット上で添削してもらうサービスがほとんどです。郵送などと違いパソコンや携帯電話があれば誰でも手軽に利用ができるので、とても便利なサービスです。また、利用する目的によって使い分けることができるので、まず自分が何の目的で添削してもらいたいのかを明確にしておくことが大切です。

例えば英語教師をしている方であれば授業で困らない程度に、もしくは仕事でよく英語でメールのやり取りをするのでレベルアップのために、という方もいるでしょうし、英語力を身に付けたいという初心者の方もいるでしょう。それぞれの用途にあったサービス会社がありますので、概要やレベルなどをよくホームページなどで確認して、続けられそうなところを見つけてください。

文章を添削してもらう際に見ておくべきポイントとは

添削してもらうサービス会社が決まったら、後はやり取りをして文章をチェックしてもらうだけです。添削サービスは、英語力を高めるための一種の習い事や英会話教室のような感覚で利用している方がほとんどです。

一度利用しただけではその場しのぎで何も身に付きませんが、何度か利用するうちに手ごたえを感じられると思います。最初から完璧な英文を作ることができる方はまずいません。自分の苦手なところや不得意とするところを認識した上で、恥ずかしがらずに添削してもらった方が上達は早いでしょう。

初心者の方であれば、何が苦手かというよりも英語そのものに不慣れかと思いますので、そういった方は自分なりに文章を作ってみて添削してもらい、何度か繰り返すうちに理解が深まると思います。

まとめ

英文添削サービスはまだそんなにメジャーではありませんが、用途などによっては非常に使いやすいサービスです。英会話教室を申し込むにはハードルが高すぎる、専門的な英文を学びたいがどこで学べるのか分からない、などという悩みを持っている方にはぴったりなサービスでしょう。また人と顔を合わせずにこっそり勉強したい、という方にもおすすめです。お試し期間を設けている会社もあるので、気になる方は気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする