英文の校正業者はなぜ対応が早いのか

最近では英文を翻訳、校正してくれる業者がだいぶ増え、利用する側としては有難い限りです。そして驚くことにほとんどの業者が「~時間対応」などと完了までの時間を明記しており、かなりスピーディーな対応か可能になっています。

なぜそれほどまで短時間で対応ができるのでしょうか。その対応の早さを考慮して、タイミングと効率良く校正業者利用する方法などについて紹介していきたいと思います。

英文の校正業者がスピード対応できる理由

英文校正業者のホームページなどを見ると、だいたいの業者が仕上がりまでの時間を明記しています。早いところだと翌日、半日で仕上げる業者もあるようです。また、通常よりも短時間で仕上げる変わりに特別料金を徴収している業者もあります。どちらにせよ、早く仕上げてくれるのは嬉しい限りです。

ではなぜこんなに早く仕上げることが可能なのでしょうか。今の校正業者はネイティブはネイティブでも、素人ではなく校正経験が長い者、もしくは博士号などを取得している専門講師を雇っている場合が多いのです。プロに依頼している分、早めの対応が可能であること、そして同業者同士で時間を競っているところも多いので我先にとどんどん時間を早めているのかもしれません。

業者はどのタイミングで利用したほうがいいのか

早く仕上げてくれるのは有難いことですが、いくらネイティブのプロ講師が校正しているとは言え、全て人間の目でチェックしている仕事です。100%完璧だという保証はありませんし、急いで仕事してくれた分見落としも万が一ですがあるかもしれません。

こちらから業者へ依頼する場合、安心なのは時間に余裕を持ってお願いすることです。依頼する側も受け手も、お互いに余裕があった方がより良い仕事ができます。もちろん、どうしても明日中にとか、急な仕事の場合は仕方がありませんが、そうでない限りは締切に余裕を持って、更に出来あがってきた校正文を自分でも確認できるくらいのゆとりがあった方がいいでしょう。その分勉強にも繋がります。

これから英文校正を利用するにあたって守るべきこと

もしこれから英文校正業者に依頼を出す場合、注意すべき点や守った方がいいことをお知らせします。先程も言いましたが、第一は納期までに余裕を持って依頼をすることです。これは業者の見落とし等を懸念しているためだけではありません。校正をする上で講師から依頼者に質問をするケースも多いためです。そのやり取りに時間を取られることも想定して利用した方がいいでしょう。

また、自分の自信がない部分、特に入念にチェックしてほしい箇所があれば事前に伝えておきましょう。校正する側もやりやすくなるはずです。あとは業者のホームページ等で注意喚起を記載している場合もあります。添付用のファイルを指定している業者もあるので依頼する前に必ず読み、内容を守ってから提出してください。

まとめ

英文校正業者は便利なことから利用者も増えていますが、その分業界内での競争が激しくなってきています。スピーディーな対応は忙しいビジネスマンなどにとっては嬉しい限りですが、出来るだけ余裕を持ち、自分の勉強も兼ねるつもりで校正に出せば一石二鳥になるでしょう。

また、仕上がりが早いからと言ってミスがある、内容が雑、というわけでは決してありません。完璧で丁寧なところはたくさんありますので、信頼できる業者を見つけていきましょう。

この記事をシェアする