【中級者向け】文章の修正文を英語で書いてみよう

英文法をチェックし修正する、何となく簡単にできるような響きがありますが、修正するには英語の基礎知識だけではなく、正しい文法知識や文章理解力、正しいスペルのチェック力などが求められます。更には専門的な知識も必要になってくるでしょう。

こちらでは、どのくらいの英語レベルでできるようになるのか、修正するにあたって大切なことは何か、などを理解していただければと思います。

中級者はどれくらいのレベルに達しておくべきか

英語には常日頃から慣れ親しんでいる、かなりの自信がある、という方でも修正するとなるとどのぐらいの知識レベルが必要なのか迷ってしまうところだと思います。まず、英検でいうと準1級くらいの知識は必要かと思います。正しい英文法を理解できていること、日本語と英語のニュアンスの違いなど細かいところでの文法や文章の違いが理解できること、などが最低条件ではないでしょうか。

簡単な例を挙げると、日本語で白髪という単語がありますが、英語ではgray_hairもしくはwhite_hairなどと表現します。直訳してしまうと灰色の頭や白い頭となってしまいますが、何を指しているのか瞬時に理解できるような頭の柔軟さも必要になってきます。

修正文がスラスラ書けるようになるには

そして更に修正した部分を文章にする力も必要になってきます。チェック能力だけではなく、英語で間違いを的確に指摘する文章を書かなければいけません。修正分が間違っていては話になりませんので、正確に且つ短時間で作れることが必須になります。これは英語に限ったことではありませんが、どんな文章でもひとつの流れに沿って書かれています。その流れが一瞬でも止まるような感覚があれば、その原因についてとことん調べる必要があります。

しかし、英単語には何種類か意味を持つものもあるので、ひとつの意味だけに捉われないように注意しましょう。修正文を短時間で書けるようになるには、やはり練習をすることが大切です。最初から早くは作れないので、何度も練習を重ねることが大切です。

相手に伝わる英文を書くことが大事

英語の修正文を作るにあたって最も大切なことは、どこが間違っているのか、どのように修正すればいいのか、を正確に相手に伝えることです。修正作業は一度で終わらない時もありますが、それは修正内容を伝える文章が良くなかったという場合もあります。英文の理解力や修正力が備わっていても、正確に相手に伝えられないのであれば意味はありません。

相手に分かりやすく伝えるには、相手の英語力や理解力、文章の癖などをまず把握することが重要です。前の相手にはこの書き方で伝わったから今回も大丈夫、ということはまずないと思った方がいいでしょう。そのくらいの姿勢で毎回相手のことを考えながら修正し、正確に伝えられるように意識していけば、回数や経験を重ねるごとに必ず上達していくはずです。

まとめ

英語の修正文を作るためには、まずはたくさんの知識を身に付けることで、正確な英文理解力と筆記力は基本中の基本です。そして、なるべく短い時間で作ること、さらに相手に的確に伝えること、この3つの条件が最低でも必要です。そのためには、勉強を惜しまないことと回数を重ねて練習を積むことが大切でしょう。最初から完璧に出来る人や努力なしで上達する人はいません。諦めずにコツコツと努力を積み重ねることが、何よりの近道です。

この記事をシェアする