英文添削に欠かせない、おすすめツール3選!

英文添削は今や英語のプロだけでなく、学生たちにとっても身近な課題となっています。英文で論文などを執筆する時、手軽に使える添削ツールがあれば便利ですし、学業以外でも使いたくなりますよね。ここでは英文添削ツールを使いこなすポイントや添削のメカニズム、おすすめの添削ツールなどを御紹介していますのでぜひとも参考にしてみてください。文系論文が中心となりますが、理系の論文にも応用できますので勉強やビジネスのヒントになれば幸いです。

Ginger 英文チェッカー

手軽に使える英文添削ツールとして重宝されているのが「Ginger 英文チェッカー」です。英文を単語単位でチェックする従来の添削ツールの機能はもちろん、センテンスごとの構造やパラグラフ同士のつながりなども厳密に校正できるため、より実用的でネイティブに近い英文に仕上げることができます。

学術用語にかぎらず日常で使うあらゆるボキャブラリーを収録しているため、専門知識が問われる論文はもちろん、日頃やりとりする手紙や挨拶分などにも幅広く対応することができます。単純なスペルミスや構文ミスがわかりやすくハイライト表示されるため、文章中の間違いがあればすぐにその場で修正することができます。画面のレイアウトもすっきりしているので、添削ツールに慣れていないビギナーでもすぐに使い方をマスターすることができます。

Grammarly

英文法や構文単位のミスをくわしくチェックしたいのであれば「Grammarly」がおすすめです。「Grammarly」という名前の通り文法のチェックに特化した添削ソフトであり、英文そのものに慣れていないビギナーにとっては英語をネイティブレベルで学べる学習ソフトとしても活用できます。もちろん、文法以外にも単語レベルでのスペルチェックや時制のチェックなど初歩的な校正機能も充実。英文ビギナーからプロとして英語を使いこなしたい熟練者まで、幅広いユーザーニーズを満足させられる優秀なソフトとして高く評価されています。

日常で使えるレベルの自然なボキャブラリーを中心に収録しているため、従来の添削ツールにありがちないわゆる「機械っぽさ」がなく、人間が書いたものに近いなめらかな英文を短時間でつくることができます。

1Checker

英文添削ツールに対して求める機能は個々で微妙に違いが出るところかもしれませんが、「自然な英文をつくる」という点では概ね共通しているのではないでしょうか。その観点で比較した場合、こちらの「1Checker」はボキャブラリーの自然さに徹底してこだわり抜いた高品質の添削ソフトであり、英文を日常的に使いこなしたいプロフェッショナルにとって強い味方でもあります。

「1Checker」という名前の通り、単語レベルでのつながりを重視したソフトとなっており、単語というミニマムな単位からセンテンス、パラグラフという大きなレベルの添削を可能にしています。操作性も良く、添削ツールになじみの薄い方でも一度使っただけで機能をすべて把握することができます。

まとめ

かつて英文添削は専門知識をもったプロフェッショナルの専売特許というイメージがありました。コンピュータの発達にともなって英文添削ツールが開発されてからも、英文をビジネスとして扱うプロフェッショナル向けのソフトとして認識されていたようです。けれど、現在では日常で英文を書く機会が格段に増え、なおかつネイティブレベルできれいな英語を使いこなしたいというニーズの高まりとともに、英文添削がより身近なものとなりつつあります。自分から英文を書いてみたいという方は、今回ご紹介したツールを一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする