プレスリリースって何?英語でどうやって書くの?

企業が自社の経営に関わるニュースや、新商品発売の宣伝、または学術機関が研究発表をする際、メディアに情報掲載をしてもらうためのひとつの方法として、告知文を発表するという手段があります。メディア側に直接、またはプレスリリース代行会社を媒介にして、情報を提供し、報道にとりあげてもらう仕組みとなります。

特にプレスリリースを英語で書いて送信すると、海外のメディアにPRすることができるので、宣伝の幅を大きく広げることができます。その告知文を英語で書くにはどのような点を理解しておくとよいのでしょうか。

プレスリリースとは何か

プレスリリースとは広告用語で、新商品の宣伝や、研究成果や論述の発表などを、報道会社に告知する広報手段です。一般的な広告と異なる点は、広告料を広告代理店に支払うのではなく、無料でニュースサイトなどの媒体に掲載してもらうという点です。広告欄の掲載が保証される広告とは異なり、取り上げてもらえる確率は高くないですが、媒体会社の目にとまれば、無料で記事にしてもらえるというメリットがあります。

記事は広告よりも信頼度が高いため、多くの人に読んでもらうチャンスとなります。直接、報道機関などの媒体会社にひとつずつ告知文を送信する方法と、数百の媒体会社にプレスリリースを配信してくれるプレスリリース代行会社に、お金を払って依頼する方法があります。取り上げられる確率は低くとも、低価で記事にしてもらえる可能性があるため、有効な広報手段といえます。

プレスリリースを書く際に押さえておくべきポイント

プレスリリースの書き方に決まりはありませんが、媒体会社側の目にとまって実際に記事にしてもらえる確率が非常に低いことを考慮すると、いくつか注意すべき点があります。まず、1日に何十もの文書に目を通さなければならない媒体会社のライターが注目してくれるのは、第一に読みやすい告知であることです。

ライターの目を引くタイトルと、結論が明確なリード文でプレスリリースを始めるのが重要です。そして、内容が高度な業界の知識を要する分野や、研究成果の論文だといった場合は、媒介会社のライターがその業種や学術分野の知識が浅い可能性が高いです。そのため、専門用語が多いために理解してもらえず、見逃されてしまうのはもったいないので、専門用語は少なく、わかりやすいプレスリリースを心がけるとよいでしょう。

書き方が分からない時は、英文添削サービスを利用しよう

英語で告知文を書けば、海外の新聞や雑誌に記事にしてもらえる可能性が高まります。世界に日本の最新情報を発信するためには英語のプレスリリースが絶対必要となりますが、英文のプレスリリースをだしている日本の会社や大学、研究機関は意外に少なく、同じ団体がだしている日本語のプレスリリースの本数と比べると非常に少ないのが現状です。その原因として、専門分野の理解が深く、英語がネイティブレベルの人材が少ないことにあります。

日本語のリリースをそのまま英語に翻訳するのではなく、一般読者にも読みやすいような英文、そしてヘッドラインやイントロダクションで興味をひきつけられるような告知文を作成するのは非常に大変な作業です。そんな英文プレスリリース作成の手助けをしてくれるのが、英文添削サービスです。英文添削サービスを利用すると、ネイティブの人が読みやすい、自然な英語の告知文に完成してくれます。

まとめ

このように、英文でプレスリリースをうまく作成できれば、海外向けに非常に有効な広報手段となります。英文添削サービスを賢く利用して、一歩上のプレゼンを完成させましょう。

この記事をシェアする