ネイティブらしくするための英語メールの作成テクニック

プライベートでメールを作る場合においても、いくつかの覚えておきたいことがあります。実際にジェスチャーなどで伝えることができない分、メールでの文章では相手に正確に自分の気持ちを伝える必要があります。失礼な表現などをしてしまわないよう、決まりや言い回しを勉強しておくことで、ネイティブと同じレベルでメールができるようになりましょう。

メールのルールを知ろう

英語でメールを打つことに気をとられすぎて、メールのルールを無視していませんでしょうか。せっかく正しい表現や単語を使いこなせていたとしても、ルールを欠いたメールを送ることは相手に失礼となってしまいます。まず件名はわかりやすく書かれていますでしょうか。スパムメールと間違われないためには、件名を簡潔に伝わりやすくする必要があります。

「Request to~(~の依頼の件)」や「Order for~(~注文の件)」といった単語を駆使しましょう。次には、相手の名前を正しく書いているかも大切です。名前のスペルを間違えていないことは大前提ですが、Mr.やMs.といった敬称を正しくつける必要があります。相手が医者や教授の場合は、Dr.やProfessorを使用してより丁寧に表現しましょう。

そしてメールの内容は、用件のみになっていないでしょうか。初めてのメールの際にはHow are you?のような簡単な挨拶文を入れておくのもマナーです。その他、メールが長くなりすぎていないか、ちゃんと伝えたいことが書いてあるかなども合わせてチェックしましょう。

メールの最後には、I’m looking forward to hearing from you. (お返事お待ちしております) といったような一文を添えておくことが良いでしょう。

メールでよく使われる挨拶や略語を使おう

日本語のメールでも親しい友人などにあてる場合は、挨拶を短めにしたり、略して伝えたりすることがあると思います。英語のメールにおいても、簡単な表現を略したり、いつも使う表現を短縮することは習慣化しています。略語を知っておくことで意思疎通がスムーズに図ることができ、外国の友達などともコミュニケーションが容易にとれるようになります。

基本的には、よく使う文の頭文字をとる場合が多くなっています。例えば、Age Sex Location(年齢・性別・住所)といった自己紹介的な要素は、ASLと略すことでタイピングする手間を省くことができます。外国の友達とメールする際には、これらの略語がよく出てくるようになると思いますので、覚えておいて損はないでしょう。

使えるものは何でも使おう

英語のメールを作成する練習がしたいといっても、留学していたわけでもないので外国の友達もいない……という方も多いと思います。会社で必要という方も、会社の人ではなかなか練習のためには頼みづらいと思います。そういったときに使えるのが、語学学習者が集まるSNSを利用してみる方法です。

母国語と勉強したい言語を登録することによって、例えば英語ネイティブの日本語を勉強したい人と友達になれたりします。こちらは日本語を教える代わりに、英語を教えてもらうということができます。SNSを利用することで不特定多数の人と友達になれたり、気軽に情報交換できるという点が魅力の一つです。語学学習にとって、コミュニケーションは原点にして一番大切なことですので、独学の場合でも自分の学習成果を試す場所をつくっておいたほうが上達も早くなります。

まとめ

ビジネスでもプライベートでも、メールではいくつかのルールやテンプレを覚えておくことが大切です。いくつかのルールやテンプレを覚えておくことによってタイピングの時間を短縮できることはもちろん、そのメールを読んだときにぱっと内容が理解できるように配慮することにもつながります。

そのために定型文をいくつかストックしておき、メールのときに使うことを覚えておきましょう。ネイティブの友達を作って、実際にメール交換してみるというのもおすすめです。

この記事をシェアする