ネイティブによる英文添削の意義と注意点

英語などの言語を勉強するにあたって、独学であってもネイティブと交流することは、刺激にもなり効果的です。ライティングの技術をあげたい場合にも、ネイティブに添削してもらうことは、より伝わりやすい表現や、ネイティブらしいニュアンスを学ぶ機会でもあります。意義と注意点を理解しておくことで、ライティング技術の向上にネイティブチェックを役立てていきましょう。

ネイティブチェックとは何か?

英語を勉強しているときに取り入れていきたいのがネイティブチェックです。ネイティブチェックとはそのまま、自分の書いた英文や会話をネイティブにチェックしてもらうことを指します。

英会話や英文を勉強するにあたって、実際にその言語を使う国に住んでいる(または住んでいた)人の意見を聞くことは、とても勉強になります。テキストなどでは学べない空気感やニュアンスなどもネイティブチェックによって学べることができる可能性が広がりますし、なにより自分がどれだけできているのか、学習の到達度を知る上でも参考になります。

学習の到達度を知ることは、勉強のモチベーションにもつながっていきますので、ネイティブチェックを効果的に使い、英語上達に役立てましょう。

ネイティブチェックの意義

独学で英語を勉強しているときに、一人で勉強に没頭していると学習においての間違いなどに気付きにくい場合があります。理想的なのは、ネイティブチェックを取り入れてみることです。部分的にオンライン英会話を利用してみることや、語学学習者が集まるSNSなどで、ネイティブとの交流をしておくことは、勉強のモチベーションを保つ上でもやっておいたほうが良いです。

また、勉強において大切なのはインプットしたことをアウトプットする場があることです。これを繰り返すことによって、覚えたことを思い出しやすくなり、普段の会話などでも自然と思い浮かぶようになります。また、ライティングなどにおいてもネイティブチェックをしてもらうことで、自分が間違って覚えていた表現や、伝わりやすい表現を指摘してもらうことができます。

ネイティブチェックの注意点

ネイティブチェックは効果的に使えれば、自分の勉強にとってとてもプラスになるものですが、注意しておきたい点もあります。

まずネイティブによって同じ問題や表現の仕方に関して答え方がちがうということを頭においておきましょう。日本人によってもなにかを頼むときにどういう言い方をするのかちがうように、ネイティブによっても考え方のちがいによって差が出る場合があります。さらに無料のSNSを使ってライティングのネイティブチェックをお願いする場合は、必ずしもすべてをチェックしてくれるというわけではないということも注意しておくべき点です。

言われたことをすべて鵜呑みにするのではなく、自分でも調べてその表現は適切なのかを考え、効果的にネイティブチェックを利用していきましょう。

まとめ

ネイティブチェックは勉強のモチベーションをあげるためにも利用しておきたい勉強法の一つです。添削をしてもらうことによって、自分では気づかなかった表現の仕方や、思いつかなかった表現を指摘してもらえるチャンスになります。英語を勉強するからには、ネイティブと同じようなレベルで、同じように会話などを楽しみたいと思うのは普通のことですので、効果的にネイティブチェックを使い、英語を上達させていくことが大切です。

この記事をシェアする