ネイティブに英文添削を依頼するのは本当に良いのか?

英語はあくまでコミュニケーションツールであるため、英会話にしても英文作成にしても意図したことが通じなければ意味がないといっても過言ではありません。特に英文作成力はその場のムードや非言語コミュニケーションの助けを借りられないため、シンプルに英文だけで伝えなければならない分、その英文の正確さが求められます。どんな英語教材より生きた英語をネイティブの英文添削を通して身に付けてはいかがでしょうか。

正確な英文で伝えるためにはネイティブの英文添削が近道

ネイティブの相手に伝えたいことを正しく伝えるための英文作成は独学ではなかなか難しいのが現状です。参考書や辞書を見て、そのまま使っても不自然にならないような英文作成ができる人はどれぐらいいるでしょうか。英会話ができる場合でも、きちんと通じるライティングには自信がないことも少なくないでしょう。正しい文法で伝えたいニュアンスを正確に伝えるためには、ネイティブに英文添削を依頼して、ネイティブで通じる英文作成術を学ぶことが近道であるといえるでしょう。きちんと書き上げたつもりの英文がネイティブ目線では違和感のある英文になってしまっていることも多々あるでしょう。自分で伝えたいことをライティングしてみた後、実際にその英文を使用する前にネイティブに添削してもらって損はないでしょう。まずは自分の伝えたいことを伝える練習が肝心です。はじめは参考書や辞書に頼りすぎず、伝えたいことをメインにネイティブに添削してもらいましょう。

ビジネスで使えるネイティブの言い回しを英文添削で学ぶ

ビジネスで英文作成が必要な場面は多いのではないでしょうか。たとえば、アポイントメントをとったり、お礼やお詫びのメールなど、誤解なく伝わる英文作成ができればさらに仕事がはかどります。日本語でもビジネス定型文があるように、英語でも使いやすい言い回しが存在します。少しずつ英語での礼儀あるライティング方法を覚えていくようにする、などの目標を持って取り組みます。ネイティブの添削を利用することで自信をもって英文作成していくことができます。社内での英文での連絡にも役立ち、ネイティブで通じるライティングを身につけることで、仕事の幅が広がることでしょう。柔らかい表現にしたいなど、礼儀を考慮した英文作成を習うことができます。日本語で質問できる場合もあるため、わからないところがあれば日本語でも聞くことができる添削サービスを利用してみてもよいかもしれません。英文作成に慣れてくるとともに、ネイティブ感覚が理解できて英会話にも役立つことでしょう。

目的に合わせてネイティブ講師の添削を活用しよう

どういった経歴の講師で英文添削指導を受けるかという点も学習のポイントになってくるといえるでしょう。英文添削ではネイティブの添削者を選んでみることもできます。まずアメリカ英語か、イギリス英語かという点でも選択の余地があり、さらにどのような経歴の持ち主か、指導者としての経験を踏まえて依頼するとよいでしょう。たとえば、大学での専攻科目や、英語講師経験、企業研修や、教員経験などネイティブ講師の経歴を知ったうえで依頼すれば、講師との信頼関係のもとで英文のライティングを磨いていけるため安心して頼れるのではないでしょうか。また返信に時間がかからないところを探すなど、目標や目的によってどんなサービスを受けられるかは異なってきます。添削の返信のペースなども自分のライフスタイルや学習スタイルに合うものを探すと良いでしょう。やはりプランによって充実度の幅はあるため、こだわりをもつことも大事ですが、コツコツとナチュラルな言い回しを覚えていきましょう。

この記事をシェアする