【英語サイト制作者必見】成功のためにネイティブチェックを

企業の英語サイトは言ってみれば、ネイティブの潜在顧客が商品やサービスにアプローチする際の玄関だと考えることができます。きちんとしたコンセプトのもとで設計された英語サイトは自ずと見やすいレイアウトになり、見る人の心を惹きつけます。クオリティの高い英語サイト作りは、売上を大きく左右する重要な企業戦略なのです。

このページでは、英語サイト制作にあたっての留意点やチェックポイント、どのようなスキルをもつ専門家をメインに据えるべきかなど、ウェブサイトの基礎知識についてまとめています。

英語ホームページを制作するときに行うべきこと

英語版のホームページを設計するうえで何よりも先に意識すべきなのは全体のレイアウトです。レイアウトは日本人向けのウェブサイトでも重要視される項目ですが、ネイティブのネットユーザーは特にサイトのデザインを評価する傾向にあり、無計画につくられた乱雑なサイトではトップページを見ただけで素通りされてしまいます。

英語サイトには、日本語版以上に美的感覚が求められます。全体のレイアウトをチェックしたら、次はキャプションの設定です。キャプションとは商品やサービスの説明のためにつける短い文章を指し、キャプションの良し悪しで企業の売れ行きが大幅に変わると言われています。

日本語版の説明文を単純に英語に直訳しただけではネイティブの潜在顧客にはニュアンスが伝わりません。できれば、ネイティブレベルの専門家に監修を依頼するのが望ましいでしょう。高いスキルをもった有能な人材を集め、適材適所に配置することも良質な英語サイト作りの第一歩なのです。

制作にあたっての注意点は?

より訴求力の高い英語サイトに仕上げるためには、サイトに載せるキャッチコピーひとつひとつのメッセージ性を慎重に検討する必要があります。専門スキルをもたないまま見切り発車で英語サイトを開設すると、商品名や説明文をただ直訳するだけに終わってしまい、肝心の訴求力向上やデザイン性まで意識が向かない場合があります。
ネイティブには伝わらない和製英語をそのまま使っている英語サイトもあり、日本人の英語力が未熟だと見られる一因となっています。英語圏の顧客に向けたサイトなのですから、当然、ネイティブが見て意味が伝わるような単語選びを徹底しなければなりません。

ただ意味を理解できるレベルでは不充分で、ネイティブがその文章を読んで楽しめるような水準まで全体を高める必要があります。英語サイト開設にあたっては「日本人がわかるサイト」ではなく、「ネイティブが楽しめるサイト」作りを心がけましょう。

必要に応じてネイティブチェックを入れよう

英語サイトの開設および保守管理には、ネイティブのサポートが不可欠です。それも、語学のプロフェッショナルであるだけでなく、ウェブデザインについても専門知識をもったネイティブをそろえることができればより高度なサジェスチョンを期待できるでしょう。

このふたつは一見かけ離れた能力のようですが、英語圏でトップクラスのIT企業には両方をバランス良くかねそなえた人が多数在籍しています。日本国内でも多くのネイティブがフリーランスのウェブデザイナーとして活動しており、人材には事欠きません。

理想的な英語サイト制作プロセスとしては、設計の段階でネイティブに大まかな指針を出してもらい、すべてが終わった段階でその指針からはずれていないかをもう一度ネイティブに判断してもらう、という形があります。

ネイティブのアイディアを日本人スタッフが具体化するという形でもチームワークが生まれ、円滑なサイト運営が可能になるでしょう。

この記事をシェアする