英文添削を通して効率良くレベルアップするには

英文添削を利用して回答を得られたのは良いものの、一度で満足するのではなく、出来れば自身の英語力をレベルアップさせたいと思う方も多いでしょう。実際、英文の添削機能をうまく活用することで、実際に英語が上達したという方は多くいます。具体的にどのように活用していくのが一番の近道なのでしょうか。効率の良いレベルアップ方法についてご紹介します。

英語はヒアリングだけでなくライティングも重要

今の日本で英語を学びたいと思った時、一番主流なのはやはり英会話です。ネイティブの外国講師の方がついて、少人数である程度の時間まで英語を話すため、聞き取りと発音などはかなり上達すると思います。しかし、発音や聞き取りができても、その単語が書けないのであればいつか困ることになるかもしれません。英語をきちんとマスターし、上達させるにはヒアリングだけではなく自身で書くこと、ライティング作業も必要なのです。英文添削は自分で英文を作成する、書くことから始まります。ただ添削してもらうだけでなく、自身の勉強にも繋がっているのです。直接言葉を交わすコミュニケーションももちろん大切ですが、今はメールやSNSなどでコミュニケーションを取ることも多くなりました。そういった面からも英文のライティング力は必要になってきています。

普段使っていた英文法が実は間違っていた、という意見は多い

英文添削利用者の意見として多いのが、「今まで正しいと思っていた文法が間違っていた」、「ビジネス文書であれば、この表現が丁寧で、人とのメールであればこの文法を使った方がよりフレンドリーだ、という指摘をもらい目から鱗だった」というものです。普段自分が使い慣れていた文法や学校で習った文法が、実は少しニュアンスが違っていたり間違って使っていたりした方が多く見かけられます。やはりそういった指摘ができるのはネイティブスタッフならではでしょう。正しい英語を使えることが上達への第一歩ですが、一度指摘を受けた程度ではすぐに忘れてしまいます。「なぜ間違っているのか」「この単語の意味合いは何なのか」「他の場合にも通用するのか」など、質問ができるシステムがあれば納得がいくまで聞いてみることで、文法の本質を理解できるようになるでしょう。

大切なのは、やはり地道な努力

一度だけでなく繰り返し添削してもらうのも、英語の勉強において重要です。必要な時だけその場しのぎで利用していては、その時は役に立つかもしれませんが、自分の知識としてはほとんど身になりません。時間に余裕がある時は、自身の勉強のために英文添削に投資してみてはいかがでしょうか。文法はもちろん、ピリオドの打ち方や改行のタイミングまで、細かくチェックしてもらえるので身に着けば必ず役に立つことばかりでしょう。どのようなツールを用いたとしても、最終的にはコツコツと地道な努力をすることが一番の近道です。パソコンを通して講師の方に教えてもらっているような感覚で、定期的に英文を作り、それを添削してもらい、分かるまで質問をしましょう。英文添削を続けているうちに、いつの間にか英語力を身に付けた自分に気が付くかもしれません。

何かを身に付けるためには、自身での努力が必要不可欠です。レベルアップを目指すのであれば、苦手を克服するまで何度も繰り返し勉強を続けましょう。手を抜いて楽をしたとしても、なかなか頭に入るものではありません。英文添削は、努力の手助けをしてくれる便利なシステムです。一日でも早くレベルアップしたいのは皆同じですが、上達するまでの時間には個人差があるので焦らずに取り組みましょう。苦手な文法などを中心に、諦めずにコツコツと続けることが、一番効率の良いレベルアップ方法なのかもしれません。

この記事をシェアする