生きた英語を学ぶ!英文添削の講座の内容とは?

英会話も英文も両方操れるようになりたい。テキストの枠を外した生きた英語が英文添削の講座で学べます。英会話スクールではなくて、英文添削で英語力がアップするの?そうなのです、この講座では目的別でコース内容が設定されていて「学びたい英語」がピンポイントで勉強できるのです。実際に学んだ人の感想を見ると、英会話は耳で聞いて覚えるから形として残せる英文添削のスタイルが自分には合っていた、仕事で必要な言い回しや表現が学べて良かったと高評価が並んでいます。英文添削講座の内容やどんな形で学べるのか注目してみました。

英文添削の講座ではどこを見てくれる?

仕事で相手から意図しない内容の質問を受け、会話の中で戸惑った経験はありませんか。英文作成の時間をもう少しスピードアップさせたい、説明しても思うように伝わらなかった人にお勧めしたいのが英文添削講座です。講座では、英文法の間違いを正すのと同時にビジネスに必要な表現法や取引で大切な交渉、連絡、クレームや謝罪といった、仕事上で対応する業務内容を想定したプログラムになっています。一般の参考書のように、枠にはまらない生きた英語が学べるとあって人気がある講座です。

英文添削では自分の英文レベルがわからなくても、文書を送信すると最適なコースを教えてくれます。目的別で細かくわかれているので、プレゼンをするときや履歴書作成、学術論文まで幅広いジャンルの添削が依頼できます。事前見積もりでどのプログラムが良いのかアドバイスがもらえて費用が無駄になることはありません。校正してほしい文書を送信して添削を受け、決められた回数の中でテーマに沿った課題をこなしていくことで確実に英語力をアップするプログラムが用意されています。

添削の内容は、文法ミス、自然な表現方法、専門分野のネイティブ校正、チャット等を利用した発音チェック、各講座で特色があります。初めから完璧な英文が書けるなら、英文添削は不要です。自作の英文に何が足りないのか、相手に伝えるにはどの表現法を使えば良いのかを気付かせてくれるプログラムでもあるのです。

一例を挙げると、講師によるポイントをまとめた動画を自宅や通勤途中で観たあとに、英文を作成し添削してもらいます。メールでの書き方の基本からビジネスマナーを一緒に勉強できます。実際に英話を駆使してお仕事をされている方も、おさらいとして見直せるようになっています。専門用語に特化したものでは、和文英訳、テクニカルライティング、リライトといった内容になっていて、すでに翻訳者で活躍している人や自己流で勉強してきた人が改めて指摘を受け、実務に役立つツールとして受講しています。

自分が英文添削で何を勉強したいのか、目的をはっきりさせたうえで無理のない受講プランを立てましょう。

英語も日本語も基礎は同じ?

日ごろ話している日本語は、頭の中で瞬時に相手が伝えたいことを理解し返事をしていると思います。会話の中で、ある程度相手が「こう返してくるだろう」と予測して話しているので、初対面でない限り相手に対して構えることがあまりないはずです。日本語も英語も言葉や文法の基礎がある上に会話が成り立っています。

英語のリスニングが日本語並みにできる人の頭の中を一度見せてもらいたいものですが、英会話を聞いたと同時に日本語へ変換されていて考えなくても理解ができるそうです。英語が苦手な人にとってはうらやましい話です。日本語で話すとき、仕事の取引の場で会話のパターンがあります。ビジネスマナーと呼ばれるものや、マニュアルとして仕事先で目を通すことがあるもの等です。英文添削講座でも、ビジネスで予測する会話のパターンや英文での表現法を、時間をかけ段階を経て学ぶことができます。日本語と英語の仕事上の根っこは同じ、違うのは表現内容や海外ならではのマナーでしょうか。

これまでの英語の勉強と言えば中学から始まるものでしたが、今では小学校で英語の授業が当たり前に行われるようになりました。昭和頭の自分には、日本語が何かを知る前に英語の勉強ってありなの?と疑問に思います。現代っ子はスマホやパソコンに向き合う時間が長く、人とのコミュニケーションが苦手、若い世代ではなくても自分の主張を相手の顔を見ながら言葉で伝える機会が減っています。その結果、目上の人や上司に対しての言葉遣いを知らない、文章でもSNSでの話し言葉そのままで書く人が増えています。いざ日本語で作文を書こうにも語彙力が乏しく文章を敬遠する人が多いのが現実です。

英語も日常の英会話とは別に、ビジネス英語で区別される傾向にあります。仕事上、専門用語の扱いがあるところではその範囲に限られるのでビジネス英語がラクだという人もいます。取引で英文メールのやり取りをする際に、基礎やマナーはあるものの「これが正しい」という答えがありません。言葉や文法のルールはある程度参考書等で学べても、表現方法となると正しい方向へ導いてくれる添削や、自然なフレーズが身につくアドバイザーがほしいところです。英語での表現を深めたい、英作文の完成度を高めたい、一歩先を行く内容を学びたい人が英文添削講座を利用しているようです。

目的別で正しく英文を書けるようになろう!

英文をスラスラ書くのは誰もがあこがれます。英文添削講座では、自作の英文を提出すると「どこがダメなのか?」、「どうしたら相手に伝わりやすくなるか」が解説付きで戻ってきます。言い換えられる単語や文章が書かれていて表現の幅が広がりそうです。日常の英会話から鍛えたい人には、日替わりで時事的な内容を英文にするコースがおすすめです。テーマを出題、質問に英文で答えていく形です。初心者、上級者向けとレベルがあるので気軽に挑戦できる講座ではないでしょうか。

もっと実用的な内容になると、旅行やショッピング、レストランや病院、大学受験用に過去問題をアレンジしたものと身近なシチュエーションを想定し日本語から英訳する課題があります。ユニークなものでは、写真に写っているものを英語で説明します。日本語でもその場の状況を言葉で説明するとなると、言葉が詰まりそうになります。初心者向けに英会話式でヒントが書かれていて、いかに正確な情報を英文で相手に伝えられるかを鍛えることができます。

ビジネスでキャリアアップしたい人にはビジネス英語専門の英文添削講座を、普段の英会話や英作文を鍛えたい人には上記のようなユニークな課題を出題してくれる講座やライティング等を組み合わせて探してみると良いでしょう。

違和感がない英文を書くことができるようになると、自然に英語で話せるようになるそうです。苦手な自分にとってはかなりハードルが高く見えますが、英文添削で間違いや気付き、経験を積み重ねていくことによって、相手に伝わったときの感動を思うとやる気も違ってくるのかなと思いました。長く続けるコツとしては、仕事の取引で相手に伝わる英文が書けるようになりたいとか、海外の友人と英文でメールのやり取りをしたい等、手が届く目標をつくりましょう。講座すべての課題がクリアできたとき、テキストの枠にはまらない生きた英語力を手にしたあなたは、目の前に広がる世界がこれまで以上に変わっているはずです。

まとめ

テキストや参考書にあるような定型文にとらわれない、新しいスタイルで英文や英会話が学べる英文添削講座。目的や目標別でピンポイントに添削してもらえます。自分のレベルに合わせて、課題提供、ポイントをまとめた動画、写真を見て状況を英会話式で相手に伝えるトレーニング等、様々なトレーニングで英語力を高めます。日本語と英語の基礎は同じ、違いがあるといえばそれぞれの国のマナーや表現内容でしょうか。英文添削では、文法や表現に加えてビジネスマナーやその国の文化等も一緒に勉強できます。より専門的、実践的な英文と英会話を身につけたいならキャリアを積んだ講師陣による英文添削の内容はかなりおすすめできる講座です。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。