英文の校閲に強いとこはどこだ?比較して出た答えとは!

校閲というといかにも堅苦しく、日常からはかけ離れている印象があるかもしれません。しかしながら、英文校閲はビジネスシーンから学術研究、個人的な刊行物にいたるまで幅広い場面で活用され、その有用性が認められています。

ここで添削と校閲の違いについてふれておきましょう。添削は単に文章の欠点を直す場合に使われますが、校閲はそれだけでなく、文章そのものの価値を高めるためのリライト作業を意味しています。つまり英文校閲を利用することにより、あなたの英文にさらなる付加価値が付くのです。

業者ごとの得意分野を比較して、校閲を暮らしの中に取り入れましょう。

英文校閲のポイントとは

英語は論理的な言語だと言われています。英文添削ではまず、時制の一致、語順は適切か、主語と述語が正しく呼応しているか、などの基本的な文法事項からチェックしていきます。初級者が書いた英語の場合、基本的な文法事項の訂正がが半数以上を占めるそうです。

基本的な文法をチェックした後は、読みやすさを確かめるプロセスに入ります。ほとんどの校閲業者が用意している上級者向けプランでは、1本の原稿を数人のネイティブスピーカーが数回にわたって読み直し、なおかつ評価を比較し合い、英文としての読みやすさや論理性をセンテンス単位で確かめていきます。

文学的な内容であれば格調が求められますし、論文とは異なるボキャブラリーが必要となります。ワンランク上の英語表現を身につけたい人にこそ、英文校閲はおすすめなのです。

英語ネイティブが担当してくれる所が強い

専門性の高い英文校閲を武器にしている業者のほとんどは、ネイティブスピーカーによる複数体制でのチェックシステムを採用しています。単なるネイティブスピーカーではなく、日本人に正しい英語を教えるための専門スキルを身につけたプロフェッショナルです。安心して校閲を依頼することができますね。

英語を日常的に使っているネイティブなら基本的文法はもちろんのこと、原稿の内容と用途に合わせたボキャブラリーに自在に対応可能です。電話での校閲を行っている業者に依頼すれば、英文のライティングだけでなくリスニングのスキルも自然に高めることができます。ブラッシュアップの過程もその都度伝えてくれますので、英文の欠点や改善すべきところ、強みなどを自分で把握することができます。

ネイティブスピーカーのいる業者はウェブサイトで大々的にアピールしていますので、レベルを慎重に比較して依頼するようにしましょう。

会社によって得意分野やサービスが違う事を頭に入れよう

業者ごとに得意分野が違うことを理解しておけば、実際に依頼する際の参考になります。英文校閲業者はその分野ごとに大きく、論文系、文芸系、ビジネス系、教育系の4つに分けられ、それぞれに校閲のスタイルや重点を置いているところに違いがあります。

一般的に英文校閲と聞いて思い浮かぶのは、論文系とビジネス系ではないでしょうか。どちらも堅めのボキャブラリーを主体とする点は似ているものの、文章の目的は大きく違います。論文系は、研究の内容や成果をあくまで論理的に伝えることが目的ですが、ビジネス系英文は、自分の能力やこれからのビジョンなどをわかりやすく伝達する目的があります。論文系では、感情を抑えた理性的な言い回しが多用されますが、ビジネス系では、理性的な言い回しの他に、相手に感謝の気持ちを表したりというように時に情動的な言いまわしが好まれます。

4つのカテゴリすべてに強い校閲業者は少ないため、業界の情報やクチコミなどで業者ごとの得意分野をリサーチし、ニーズに合った校閲を依頼しましょう。

この記事をシェアする