参考書は必要ない?英語の文法をサイトから学習してみる

英語の文法は、主語、動詞、目的語の順番であることは先程も述べました。しかし、これは初心者レベルの基礎中の基礎です。長文になればなるほど複雑になります。もちろん文法専用の参考書はたくさんありますが、今はインターネットのサイトでも学ぶことができます。現在は、本よりもネットの方に手軽さを感じる方が多いでしょう。手軽に勉強ができる英文法のサイトとは、どのようなものなのでしょうか。

英語の文法はサイトから学べる

自分に合った参考書を選ぶように、サイト選びも慎重にする必要があります。インターネットでちょっと検索すれば、すぐに英文法専用のサイトがたくさん出てきます。無料のものもありますし、目的別に選べるところも嬉しいポイントです。

例えば、中学生レベルの基礎から学びたい場合、検定などの試験合格に向けて学習したい場合、ネイティブの外国人と日常会話を楽しみたい場合、もしくは英語弁論大会に向けて英作文を作りたい場合、など英文法を学びたい理由は人それぞれです。自分が習得したい英語、またはレベルに合ったぴったりのサイトを選ぶことが大切です。合いそうなものが見つかったら実際に学習してみましょう。利用方法も多数ありますので次に紹介したいと思います。

どういう時にサイトを利用するのが良いのか

では実際に英文法サイトを利用してみましょう。インターネットの良いところは気軽に始められること、そして時間や場所を問わず、自分の好きな時間にできるところです。もし英会話教室などに通っているのであれば、どうしても時間を拘束されてしまいます。仕事の残業などで行けなくなった場合は振り替え手続きをしなければならず、それ自体が面倒です。

しかし誰にも拘束されず好きな時にいくらでも学習できるのが、インターネットの特徴です。通勤で電車に乗っている時間、休み時間や寝る前など、気が向いた時ややる気が出た時に自分のペースでいつでも始めることができます。ただ、そのいつでも出来るという気持ちの緩みから、つい自分に甘くなってしまう傾向もあります。サイトを使って勉強する際は、いつも以上に気を引き締めて集中することが重要です。

英文法を覚えやすいサイトとはどういうものか

次にどんなサイトを選べばより英文法を覚えやすくなるのか、検証してみたいと思います。先程も少し触れましたが、サイトを決める際には自分の英語力に見合ったレベル、英語を学ぶ目的を明確にしてからでないと良いサイトは見つかりません。自分は初心者レベルなので日常会話を楽しめるくらいでいい、自分は仕事で英語論文を書くので間違いがないように正確に書けるようになりたい、などのように目的を具体的にイメージしてみてください。

今は英文法サイトをそれぞれ比較し、わかりやすく内容を説明してくれているところもあります。迷った時にはそういったサイトを参考にしてみるといいと思います。覚えやすいかどうかは自分に合っているかどうかによるでしょう。

まとめ

英文法サイトのメリットは、時間や場所を選ばずに自分のペースで勉強できることです。しかし、講師などがいない分、緊張感が欠けた状態になる可能性もあり、結果としてすぐ辞めてしまうことにもなりかねません。そうならないためには自分が長く続けられそうか、英語をずっと好きでいられるサイトかどうかが大切です。無料のものやお試し期間を設けている会社もあるので、続けられないと思ったら見切りをつけて次を探すというのも手です。自分に合う方法を見つけてください。

この記事をシェアする