TOEFLで高得点を狙うためにおすすめの英文添削サービス

TOEFLを受けようと思っている方に、必要な基礎知識と知っておくと便利なおすすめしたい英文添削サービスをご紹介し、解説していきます。参考書などで自己流で勉強する方法もありますが、やはりプロの方に添削してもらうことは語学勉強においてはとても大切なことではないでしょうか。このようなサービスを上手く利用し、効率的に学習していきましょう。自分の英語勉強における欠点を探す良い機会ともなると思いますので一度お試しください。

TOEFLとは

TOEFLは英語が第一言語ではない国の人ための英語コミュニケーション能力を測テストとして、1964年にアメリカ合衆国のNPOの教育試験サービス(ETS)により開発が行われました。このテストは、生活の中での英語コミュニケーションで必要な技能から構成されていて、リーディング(読む)、リスニング(聞く)、スピーキング(話す)、ライティング(書く)の4つから成り、試験時間は約4時間程です。

TOEFLは世界各国の人々が受けていて、約150か国の大学や機関などが英語能力の証明としての判断材料の一つとしています。これまでに世界中で約3500万人もの人々が受験をしていることから、テストの影響力が分かると思います。また日本では、大学などの教育機関で入試優遇や海外派遣選考、単位認定などの判断材料として使われることが多いようです。

TOEFLライティングの出題傾向と対策

TOEFLのライティングには2つの出題形式があります。1つ目はアカデミックトピックです。3分間のトピックの文章のリーディングを行い、その後2分間で先ほどの内容の議論のリスニングをしていきます。その中で得た情報を基にライティングを20分間行います。リスニング中はリーディングの文は見ることができませんが、ライティング中は再表示されますので参考にすることが可能です。

この形式の問題のライティングで求められるのは個人の意見ではなく、トピックの文章と議論の内容の相関性ですので間違えないように気をつけましょう。2つ目は出題されるトピックに対して、30分で意見を回答していきます。出題傾向としては近年ではagree/disagreeの二択問題が多いようですので、こちらの準備を集中的に進めたほうが良いでしょう。

おすすめの英文添削サービス

TOEFLの勉強にも役立つかもしれないおすすめの英文添削サービスを2つご紹介します。

まず1つ目は、ライティング対策に特化した「日本ライティングセンター」です。最高水準を保っている講師陣が細かく丁寧に添削を行っており、秘訣を伝授してくれます。また、毎日提出することが可能で、価格も学生でも安心な安価な値段であるという点が好評を得ているのではないでしょうか。

2つ目のおすすめ英文添削サービスは「WORDVICE」です。修士・博士号を持つトップレベルの米英ネイティブ校正者が、世界6か国を拠点にサービスを提供しています。最短で約9時間以内に校正を行い、24時間オンラインでの受付が可能です。見積もりから納品までサイト内で完結するシンプルなシステムで、簡単に操作をすることができ、土日祝日も受け付け可能となっていますのでお急ぎの場合でも困りません。

まとめ

TOEFLについて簡単にまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?現代ではインターネットなどのサービスを使って、日本にいながら本格的に質の高い英語を学ぶことができます。特に英文添削サービスはとても優秀なことが多く、その特徴もさまざまですので、自分に合ったサービスを探して上手に活用してみてください。

今回ご紹介した2つのサービスは無料体験などを行うことができますので、まずはお試ししてみることをおすすめします。このようなサービスをどんどん使ってより効果的な勉強をしていきたいですね。

この記事をシェアする