英語の文法チェック。無料ソフトとサイトの機能を比較してみた

慣れない英語のライティングで文法のミスはありがちなことですが、伝わらなければせっかくの英語のライティングが無駄になってしまうだけではなく、そのためにチャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。初歩的な文法のミスを減らして、無駄なライティングをしないためにも、ライティングした文章は文法チェックをしておく必要があると考えられます。手軽に文法チェックができる無料ソフトやサイトにはどんな機能があるかご紹介します。

ライティング初心者にとって使いやすい文法チェックソフト

インターネットから利用できる英語の文法チェックは英語表記であることが多いです。英語表記であるのは無料のチェックソフトもチェックサイトも同じなのですが、日本語表記があると英文ライティング初心者にとっては助かるのではないでしょうか。どうしても最初は英語そのものに慣れていないことで、英語表記であるためにサイトへのアクセスが億劫になってしまう、ということもあるかもしれません。そのためにライティングした英文の文法チェックがおろそかになってしまっては意味がないため、英語表記のチェックサイトに苦手意識のある場合は、日本語表記のあるサイトを利用することがおすすめです。校正機能でおこなえるスペルチェックや、前置詞や冠詞といった機能自体はほとんどのチェックソフトやチェックサイトで使用できるため、見やすく使いやすいものを選ぶことも大切です。翻訳機能がついていると、日本語と比べて英作文ができているか確認できるため、ライティング初心者には翻訳機能があると安心できるかもしれません。

チェックソフトをダウンロードすれば、どこでも文法チェックが可能

文法の無料チェックソフトとチェックサイトの大きな違いといえば、ダウンロードできるというところではないでしょうか。チェックソフトをダウンロードできる場合は、パソコンに入れてしまえるため持ち運びができて大変便利なため、比較的文法チェックがしやすくなるメリットがあります。ダウンロードできる機種はパソコンやスマートフォンなど可能な端末システムも多様になっていて、辞書の代わりとしてもとても軽量で持ち運びできるところが英語学習をしている人にとっては何よりうれしいポイントではないでしょうか。文法チェック機能そのものを求めるなら、チェックソフトとチェックサイトでの違いはそれぞれ細かい機能が異なり大きな差はありませんが、どこでも使用できることや、バージョンアップがされるなど便利である点が大きいといえます。ダウンロードできるチェックソフトは増えているため、使いやすいものを選んで文法チェックに役立てることができます。

文法チェックできる文字数でチェックソフトを使い分ける

英作文にも長文と短文があるため、長文でも対応が細かい無料チェックソフトなら、メールや提出物といったオフィシャルなライティングの文法チェックにも役立つのではないでしょうか。長文をライティングすることは難しいため、細かい校正や文法チェックが必要であればあるほど、有料版を使用したほうがさらに高精度な機能を活用することができるといえます。短文や短文の組み合わせで英作文していく場合は、無料のチェックソフトやチェックサイトでも十分活用でき、非常に短時間の自動校正で使えることがほとんどです。文法解説がわかりやすいサイトもあるため、英文ライティングに対してどの程度の理解をしたいかによります。よく使用する言い回しを、単語を変えてライティングしたり、覚えていきたいという人には無料ソフトとして充実化を図っているチェックソフトがおすすめです。無料版でも十分な文法チェックができるソフトはあるため、英文の文字数や使用目的によって使いやすいものを試してみるとよいでしょう。

この記事をシェアする