英文添削でジンジャーは使えるか検証

日本人はスピーキングが苦手だというイメージが定着しているかと思います。実際に子どもから大人まで、人気の習い事と言えば英会話教室だというのがその結果ともいえるでしょう。ではライティングが得意なのかというと、そうでもないというのが現実で、英語で文章を書くことって意外と難しいんですよね。文章の組み立て方は理解していても、ネイティブな言い回しというのはなかなか勉強するのも難しかったりします。しかしジンジャーを使えば、簡単に自然な英文を作成することができます。

ジンジャーの主な機能

まず英文添削の主な機能としては、Write(文法・スペルチェッカー)が挙げられます。その他には、Translate(翻訳)、Define(辞書)、Synonym(類語検索)といった便利な機能もあります。そして添削という目的にとどまらず、ジンジャーには英語の学習に役立つような機能も搭載されています。

Favorites(お気に入り)、Personal Trainer(復習)、Phrase of the day(今日の英語)、Personal Dictionary(マイ辞書)といったものです。どうしても英文が思いつかない場合には、翻訳機能を使うと一発変換も可能です。お気に入り機能を使えば、それらの公正された文章を日付とともにサイト内に保存しておくことができますし、日常的に英文を書く必要のある方にはぴったりのツールではないでしょうか。

ジンジャーの良いところ

ジンジャーの英文添削のすごいところは、なんといっても、ネイティブな表現に修正してくれるという点です。英文作成をする必要がある方の利用を前提とするならば、ある程度型どおりに英文を作成することは可能であると思われます。しかし、英語の自然な言い回しで違和感のない文章を書くためには、実践的な経験がなければなかなか上達しません。

まずは、あなたが書いた英文の文法やスペルのチェックをしっかりと行ってくれます。その際、明確な文法や単語のスペルでなくても、適宜修正をかけてくれるので安心です。そしてそのうえで、リフレーズ機能でより自然な英語表現を複数提案してくれるのです。ジンジャーでは、オンライン上で実際にネイティブが使用している1.5兆もの英語表現が解析されており、それらを元に多種多様な言い回しを表示してくれるのです。

英文添削専門とどう違う?

英文添削専門との違いについて、以下の2点に注目してみました。まずはジンジャーが英文添削だけでなく、英語の学習に使えるという点です。

例えば、類語検索を行って表現の幅を広げたり、さらにそこで分からない単語があればすぐに辞書機能で意味を調べたりすることも可能です。今日の英語、復習機能を活用して学習することもできますし、お気に入り登録をした文章を見直すことで英語表現の知識を増やすこともできます。

そしてもう1点は、よりネイティブな表現に修正可能という点です。文法やスペルチェックだけの文章校正だけではないのは、個人的な利用はもちろんですが、英文メールを用いてビジネスをしたり、塾などで生徒の英文を添削したりといった、英語を用いて仕事をする方には非常にありがたい機能だと言えます。

まとめ

ジンジャーの機能やその特徴についてご紹介してきました。日本語でもそうだと思いますが、あまりにカタコトの言語でビジネスメールを送られたのでは、信頼度に影響してきます。より自然な表現を利用することが、ビジネスチャンスにつながることもあるでしょう。

また、単に正しい文法を使用するだけでなく、よりネイティブな表現を身につけることが、さらに英語の能力を高めることにもなります。ジンジャーはPC、スマホ、タブレット端末で利用可能で、いずれも操作は非常に簡単なので、誰でもすぐに活用することができます。英文作成に悩んでいる方、もっとスムーズに英文が書けるようになりたいといった方、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする