英語翻訳ソフトは購入すべき?

ソフトを使って英語翻訳。確かに便利ですが、意訳やちょっとしたスラングにも対応してくれるのか。そう考えていると中々導入できない。実はビジネスに特化したソフトや、科学分野といった専門的な分野に対応している英語翻訳のツールがあるのです。

そのツールを使って何ができるのか、メリットだけではなくデメリットについても紹介しています。ソフトによっては無償、有償とあるので、どれがおすすめなのかも解いているので、英語翻訳を導入検討している方にとって役立つ情報となります。

ビジネスに特化した、英文添削ソフトとは

簡単な翻訳であればウェブ上にあるので問題はないが、ビジネスで利用するため、ある程度の専門知識がないといけなません。一昔前の英語翻訳は、直訳ベースになっていたので長文だと文体がおかしくなってしまったり、ビジネス用語の登録がないので全く異なった意味になったりしていました。

しかし近年ではビジネス用語はもちろんのこと、科学技術や医学知識といったかなり深い分野に踏み込んだツールもあるとのこと。英文添削をしてくれるので、後々の知識になるのでソフトに依存することを防ぐこともできます。対応しているフォーマット形式や、膨大なデータベースがバックアップしているので、自分で訳するよりもスピーディだといえるでしょう。英語だけではなく多言語に対応しているソフトもあるようです。

無料のものと比べてどれくらい違いがあるのか

一言でソフトといっても無償、有償のものがあり、性能もかなり異なります。「コストもかからないので無償がいいのでは?」という考えが頭を過ぎるかもしれません。しかし無償のツールはサポートがついておらず、更新も不定期ですのでビジネスで使うのであればおすすめしません。有償の翻訳ソフトの中には、体験版や一定の期間は無償で利用できるタイプもあるので、どのツールが使いやすいのか試してみるのもよいでしょう。

ちなみに支持を得ている英語翻訳ツールの中には連続で処理を実行してくれる機能や、画像化されたファイル形式から英語を読み取ってくれる機能があるようです。他にもブラウザにアドオンとしてインストールできるので、気軽に利用できるというメリットもあります。

英文添削サービスよりソフトを選ぶべきか

如何にソフトが優秀なのか理解していただいたとおもいますが、英字添削のサービスも気になることでしょう。添削だと自身で翻訳した結果を見てもらうので、ゆくゆくは自分の知識になります。そう考えるとソフトよりもメリットが多いのではないでしょうか。確かにそういった考えもあります。

しかし添削の場合はソフトと異なり、企業の都合に合わせなければいけません。レスポンスがよければ心配無用ですが、それでもツールのように処理することは難しいと考えられます。また英語についてもスラングやビジネス用語といった独特の言い回しがありますので、添削よりも翻訳ソフトが一歩リードしているといえます。但し当人の好みや、シチュエーションにもよりますので、様々な英語サービスを利用してみるのがよいですね。

まとめ

ソフトを使って英語翻訳。迅速に処理ができ、精度もかなりのもの。さらには英語だけではなく多言語に対応している翻訳ソフトや、専門知識がインプットされているケースもあるので、使い方は無限大です。添削サービスや英語関連のサービスは多々ありますが、その中でも群を抜いて利用しやすいといわれています。無償、有償とたくさんのソフトがありますので、複数インストールして自分に合ったものを探していただければとおもいます。体験版を利用するのも賢い手段です。

この記事をシェアする