英文添削の評判や口コミを纏めてみた

英作文やビジネス文書を書いていると、きちんとした文章を書けているか心配になります。そんな時は、添削サービズを利用してはいかがでしょうか。ネイティブスピーカーや英語専門家が文章に目を通し、適切な文になるようにアドバイスしてくれます。

基本的には有料のサービスとなりますが、最近は無料の添削アプリや翻訳サイト、SNSの相互添削サイトなど、気軽に利用できるサービスも増えてきました。様々なサービスや料金形態の中で、自分に合うものお選びください。

ネイティブチェックの良い点や気になる点とは?

ネイティブチェックとは、英語を母語とする人に英文を確認してもらうことです。自分の周囲にネイティブスピーカーがいると良いのですが、いない時はオンライン上のサービスを利用することになります。

オンラインのネイティブチェックは、学術論文や法的な書類など、専門性の高い文書を得意とするところが多く、チェックする人の経歴も大学教授や弁護士、文章を扱うエディターやジャーナリストなどの、各分野のプロが揃っています。また、複数人でクロスチェックをおこない、より高い添削作業をおこなうところもあります。

「論文が通りやすくなった」などの評判からわかる通り、チェックの精度は一番高く、融通をきかせやすいサービスですが、それだけに高額となりますので、専門会社の規定を超える長文や、論文などに向いています。

アプリや翻訳サイトの良い点や気になる点とは?

無料のアプリや翻訳サイトは、スマートフィンやタブレット用のアプリをダウンロードしたり、サイトにアクセスして利用します。英文を入力すると、翻訳と同時に文法チェックやスペルミスが表示され、最適な文章になるようなアドバイスを見ることもできます。辞書機能がついているアプリもあるので、あちこち見る必要がなくなります。

無料でいつでも気軽に利用できる反面、プログラムされた自動のチェック機能なので限界があり、文法ミスや取り違えが多いなどのネガティブな意見が目立ちます。人間の作業とは違うので、完璧を求めるような文書には不向きです。

個人的な日記や趣味の範囲のブログ、SNSの投稿など、正確さを求めなくても良い文章などをおすすめします。無料のツールだということを理解した上で利用してください。

英文添削専門会社の良い点や気になる点とは?

添削を専門におこなう会社は、正確で、解答までのスピードが早く、文字数で料金が決まっているので、口コミでもダントツの人気を誇ります。「初回○文字までは無料」などのトライアルもあり、実際の便利さを実感できます。

一般的なビジネス文書や、公式文書の添削を依頼するのに向いています。幅広い分野に対応してくれるのが魅力ですが、専門性の高い文書を依頼するには不向きです。また、専門会社の中でも、それぞれの得意分野があり、ビジネス向けやプライベート文書向けなど、自分の利用目的に合わせて、口コミなどから選ぶと良いでしょう。

長期契約を結ぶと割引があったり、自分の英作文全体に対するコメントを送ってくれる会社や、学習する人向けのサービスをおこなう会社もあります。

まとめ

様々なサービスを提供する会社があり、無料・有料、どれもメリットがあります。一番大切なのは、利用する自分の目的を明確にすることです。どのようなサービスを受けて、どうしたいのかを考えていけば、利用先は絞られてくるはずです。また、ビジネス文書は有料で、日記などのプライベートな英作文は無料アプリを使い、ブログなどはSNSの相互添削を利用してみるなど、場面に応じて使いわけをするのも賢い利用方法です。

この記事をシェアする