【英文添削利用者必見】英語の構成記号とは?

構成記号というのは、文書校正をスムーズにするために決められた記号を掲載し、精度や速度を高めるものです。あらかじめ決められたものですので、知識の統一が容易であり校正する側としても、迅速に処理することができます。

ちなみによく使われるのが削除や文章の修正、取り消しといったものですが、英語添削にもこれらのマークは存在します。日本語ではあまり使わない省略やスペース挿入といったものあり、やや形式や記号が異なるので、英語版の代表的な構成マークをいくつか紹介していきます。

英語版の構成記号の種類

文章構成をしている方は目にしたことがある構成記号。実は、英語版のマークがあることはご存知ですか?日本語版と同様の削除や、挿入はもちろんのこと、英語特有の省略や行間スペースといったものもあります。マークに関しては、より簡単になっているものがほとんどですので、添削サービスを利用するのなら、事前に調べておくとよいでしょう。

ちなみにスペルや文章訂正だけではなくフォーマッティング、フォントタイプの訂正記号があるのも、英語版ならではといえます。添削サービスの中には、文章はあまり書かずにマークだけで訂正をするケースもあるようですので、サービス開始前に事前確認をしておくと戸惑うことはないといえます。ウェブにその旨を掲載している企業もあるので、目を通しておくとよいでしょう。

構成記号を知っておくメリット

文章で添削してくれるのもよいが、そうなると添削スペースが限られてきます。さらには文章ではわかりにくい部分もあります。そんなときにこそ、構成記号を使うべきではないでしょうか。マークであれば文章のように長くなることはありませんし、修正のスピードもあがるといわれています。メリットはそれだけではありません。これらのマークは定められているものですので、校正のスピードをあげることができます。

また添削で多い記号、ミスを分析することができるので、自分の苦手分野も一目瞭然といえます。英語添削は学ぶ側、講師側のどちらもスピード勝負です。いち早く英語を身に付けるためにも構成文だけではなく、これらのマークもしっかりと熟知していきたいものです。

実際に英語の構成記号を読み取って修正してみよう

英語添削を始めた当初からすべての記号を理解しろとはいいません。ただよく使われる構成記号をいくつか知っておくことで、差を付けることができます。例えばよく使われる挿入。これは文章の下部に「^」というマークが付きます。このマークの上に挿入すべき英字が表記されます。続いては省略可能という意味合いの「ab」アルファベットが丸で囲われていることがほとんどです。

修正点に関しては英文の上部に掲載されていますので、まずは下部でマークを確かめ、上部をチェックする癖をつければ校正のスピードがあがるのではないでしょうか。英語というのは日本語と異なり、略やフォントスタイルというものがあります。添削サービスを利用当初は構成マークに戸惑うこともあるかとおもいますが、少しずつ学んでいくとよいですね。

まとめ

日本語版と共通の記号はあるも、英語版の構成記号は数も多く、独特のスタイルであることが多いようです。当初はとっつきにくい印象はありますが、覚えてしまえば添削のスピードや精度がアップするので、迅速に英語を覚えることができます。削除や挿入、フォントスタイルの変更などは日本語版とは異なっているので、英語添削を始める前に確認しておくとよいでしょう。構成記号は共通ですので、例え講師が変わったとしてもトラブルになることはありません。

この記事をシェアする