専門分野のライティングで英文添削はどこに頼むのがベスト?

専門的な内容を英文でライティングしたのはいいけど、これで本当に相手に伝わる文章になっているのかわからない、英文履歴書は日本の履歴書とは全く違うと聞くけど、どんな書式で何がポイントになるのか見てほしい。その内容は、専門分野を得意としている英文添削サービスにお願いしてみましょう。専門分野といっても、その数は1000種類を超えています。いろんな専門職が浮かぶ中で、その道の専門知識があり、実際に経験を積んできた講師が英文添削で、英文ライティングの困った!を解決してくれるはずです。

どんな分野の英文添削をしてくれるの?

自分が書いた専門分野の英文に自信がありますか?日本語の作文でも苦手な人がほとんどで敬遠しがちです。第三者による添削で間違いに気付き、新たな表現を発見することがあります。論文、ビジネス上のやり取り、専門大学の受験や就職の面接、履歴書対策、大事なプレゼンの資料等で日ごろから英文を書く機会が多い人の確認方法として、同僚や上司等身近な人が挙げられます。時間に余裕があってその都度チェックしてくれると良いのですが、いない場合は外部に頼むことになります。

専門的な知識が必要な英文添削サービスではライティングされた英文の文法やスペルのチェック、相手に伝わる文脈になっているか論文やビジネス等のスタイルに合わせた添削内容で提供します。専門性の高い内容でライティングした文書に対し、同じ系統の経験を積んだ専門の講師陣が行うのが特徴です。その分野ならではの切り口や英文表現に違和感がないよう添削、また選択するコースで添削内容についての解説が受けられ、勉強中の方には嬉しい添削サービスになっています。校正は通常一人体制ですが、場合によっては専門分野担当とネイティブ英語の二人でチェックをしてくれるのでより精度の高い添削で英文のブラッシュアップが可能です。

専門分野というと、医療系、物理、工学系、ビジネス、経済学系等が思い浮かびますが、その数は1200種類ほどになるそうです。それを大まかに分類して対応します。自分が添削してほしい専門分野の講師が在籍しているか前もって相談してみると良いでしょう。単語数で料金帯が変わる添削サービスでは、専門性のある学術論文、研究論文等は一定の単語数以上になると大抵が見積もりになります。事前に費用がわかるので依頼しやすいと思います。

もっと範囲を絞り込んだ英文添削では、就職、留学、学術、研究関連、ビジネス関連、個人の英文校正、リライトを行っています。すべての専門をカバーし広範囲で受け付けてくれる添削サービスを利用するのか、守備範囲は狭いがより専門的な添削を提供するところにお願いするのか選ぶのに迷うかもしれません。利用者の声を読んでみて、実際の添削例や実績が掲載されていれば非常に参考になります。初めて依頼する人の不安は大きいものです。それを解消するのに自分でできるのは、トライアルの設定があるところで実際に依頼してみることです。手元に届いたら、添削前の英文を比較してみましょう。利用者が納得の上で、英文添削サービスに託しましょう。

英文ライティングの困った!を解決してくれます

パソコンやスマホを開けば無料で日本語から英語に翻訳できる時代です。普段は英文に触れることなく生活している私たちには、日本語を翻訳したことによる英文の乱れまでは読み取ることができません。英語が得意で英字新聞も簡単に読める方なら英文の乱れがある程度把握できるかもしれません。英文に長けた人でも、いざライティングする側になると日本語の微妙なニュアンスを英文でどう伝えたら良いのか、辞典やパソコンで調べても表現がしっくりこないので悩むようです。専門分野の文章は普段書いている内容とは違い、話の組み立てやまとめ方はさらに難しくなります。第三者の目で専門知識があるプロの英文講師に添削されると表現の記載のコツや、別の言い回しに気付く人が大勢います。その気付きは知識を得る証でもあり、英文添削サービスはライティングの際の困った!を解決する存在なのです。

日本の履歴書を思い浮かべてください。書くことが決まっていてその枠の中に収まるように記載します。英文履歴書には2種類あって和文履歴書とは記載の形式が全然違います。アメリカ式はレジュメ、イギリス式はCVと呼ばれ、英語の表記が異なります。日本のように共通したテンプレートがありません。記載する内容にはそれぞれのルールがあるので英文の組み立て方やアピールの仕方が変わります。これを自身でライティングしようと思ったら、本当に自分の伝えたい内容が英文になっているのか、記載した文章に不備がないのかわからず心配になります。独自で調べてすべてを理解できれば問題ありませんが、不安を抱えたまま先方へ提出するのは避けたいと思うものです。

何かを日本語で説明したものを英語に直訳すると、意味が通じないことが多々あります。その現象は無料の翻訳ソフトでも見られ違和感や表現上の間違いを指摘される原因になっています。日本語をストレートに英語へライティングしようとするからこその表現になりますが、英文添削ではシンプルでわかりやすい表現に直してくれます。英文添削の利用者でかなり英文のライティングに長けている人でも、添削による単語の使い方の間違いが色分けしてあり、表現の仕方が詳しく解説されていました。その人が言うには、自分ではこの表現がベストだと思っていても、指摘されると「そうなんだ!こんな表現もあるんだ」と思える内容だった、とありました。なぜその表現になるのか詳しい説明が書いてあるので、ちゃんとした理由付けもできて知識として身につくのです。

英語も日本語も、文章をライティングしていると必ずどこかで引っかかるものです。困ったときにいつでも頼れる「専門分野が得意な英文添削サービス」があれば、心強い存在になるのは確かなようです。

これで専門分野も怖くない!英文添削を利用してできること

社会人になって独学でテキストを使って勉強していた人が、英語力がある程度身につくと「自分は英語が得意なんだ」と得意げに話すのを間近で見てきました。とある専門知識があり、将来はその道で海外を目指す話をしていました。英文のライティング力を調べたことはありませんが、もし再会することがあったら英語力アップのために専門分野に精通している英文添削サービスをおすすめしていたでしょう。その理由をいくつか書き出してみます。

専門分野に強いプロの講師が在籍しているから、その業界の独特な言い回しや自然な表現に添削してもらえる安心感があります。例えば部品に関して説明する文章をライティングして添削されても、専門用語が理解できていない場合、違う方向に捉えられることも考えられ正確に伝わる保証はありません。その点、専門知識をもった講師なら、説明が正しい表現で書かれているのか判断できます。英文の内容もこれがピッタリだと思える単語に修正してもらえます。表現方法は一つだけではないので、これが絶対という英文はありませんが、別の関係者が読んでも理解が得られる文章になります。

日本語でも言葉について聞かれると意味がうまく説明できなかった経験があると思います。英文添削を通じて、あいまいな部分が指摘され間違って覚えていた英文に気付くことができます。これまで知識があっても使っていなかった単語の使い方の再確認、自分の英文ライティングの癖、専門分野に対してもさらに知識が深まるのです。

まとめ

専門用語を交えライティングした英文は、専門分野に特化した英文添削サービスにお任せしましょう。各業界の知識がある専門家が講師として在籍しています。その分類は1200種類ほどあるといわれ、実際に業界で経験を積んだ人や校正のプロが添削します。英文添削サービスを選ぶ際には、添削実績や講師陣の得意な専門分野を掲載している部分を確認してみましょう。論文のように英文が長文になる場合は単語数により費用が変わるので事前見積もりを利用し納得した上で依頼しましょう。専門分野の英文添削サービスの利用で自分の英文ライティングの癖や、専門用語の使い方、シンプルでわかりやすい文章の組み立て方、表現等が勉強できるのです。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。