英語のライティングのトレーニング術を教えます

英語のボキャブラリーが増えない、英作文が苦手、会話が続かない、リスニングが上達しないなど、英語の悩みはつきません。上達できる学習方法がわからないし、どこから始めていいのかもわからず、ステップアップを諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

母語でない語学の修得は時間がかかり、学校へ通っても身につきにくいものです。もし効率的に学べる方法があれば、英語がもっと楽しくなるでしょう。ここでは、英語を楽しく学ぶ秘訣をご紹介します。

英語のライティングが英会話にも繋がる!?

学校の授業では短文を書いたり、文法を学んだりする程度で、英会話学校では会話がメインで、文法や口語の表現方法を学ぶ程度でしょう。全体的に項目ごとの縦割り学習のみで、その間をつなぐ学習はしていません。このような学習は一見効率が良いように思われますが、「決まったフレーズは書ける(話せる)が、自分の言葉で表現する」ことが困難になってしまいます。

これが、日本人が英語を学んでもなかなかアウトプットできない理由です。英語は英作文、英会話、文法などが独立しているわけではなく、どの部分も密接につながっています。ポイントを押さえることで、全体のレベルアップとなります。そのポイントとなるのが「ライティング」です。英語習得のためにも、まずは挑戦してみましょう。

全くの初心者の場合のトレーニング術

初心者がまず行うべきトレーニングは、とにかく「書く」ことです。初心者が英文を考えるのはハードルが高いので、原文の小説を写したり、好きな映画のセリフやナレーションを写したりと、英文をひたすら書き写していきます。「それだけ?」と懐疑的に思うかもしれませんが、実は効果絶大な方法です。

ここでのポイントは、知らない単語や馴染みのない熟語などがあったら、わかるまで調べるようにすることです。調べることで自然と語彙力がアップし、書き写すことで英文に慣れて、洗練された表現や文学的な表現が身についていきます。書き写している最中に、少しずつでも意味がわかるようになってきたら、トレーニングが成功している証です。次第に「日本語で考えて、翻訳して、文章にする」方法から、「英語で考えて、文章にする」ことができるようになっていきます。

効果的なライティングのトレーニング術とは?

文章を書ける自信がついてきたら、ここで初めて、自分の言葉で英語を書いてみます。最初は1、2行で構いません。毎日書いていけば、数行を書くのに苦労していたはずが、いつのまにか文章がスラスラと出てくるようになります。苦労せずに文章を書けるようになったら、日記をつける、SNSの投稿を英語にしてみる、気になったニュースを自分の言葉で書き直してみる、などの長い文章に挑戦みましょう。想像以上に書くことが楽しくなっているはずです。

文法が合っているか、自然な表現を使えているかは、文章を翻訳アプリや添削サイトなどへ入力すれば、自分では気づかない点がわかります。また、書いた文章を音読すると、自分でも自然でない部分に気づくことができます。

まとめ

英語の上達に近道はありません。語学が堪能な人は、どんな人でも長い時間をかけて学び、習得しているのです。ライティングは効率的に習得するための、すべての要素が詰まった重要な部分です。ひたすら「書く」だけですが、書くことに慣れれば、会話やリスニングも徐々に上達します。ライティングから土台を固めていけば、結果的に近道となることでしょう。

この記事をシェアする