英文を書けるようにするために必要な文章の知識

日本語の文章は繊細ながら、いくつかの言い回しがあるので世界的に見ても難しいといわれています。しかし生まれたときから目にしているのでさほど難しいとはおもわず、逆に英文の方がむずかしいかもしれません。そうおもっている方は少なくないとおもいます。わかりやすい英文を書くにはいくつかのコツが必要です。

ネイティブが書いている文章と比較しながら説明しています。英語を学ぶなら英会話も悪くないですが、文法を身に付けるためにも添削サービスを利用するのがベストです。

日本人が書く英文がネイティブの文章と違う点

これまでにいくつもの英文を、添削してきたネイティブ講師が言うには「日本人が書く文の特徴。」というものがあるとのこと。ネイティブとの違いを比較していきたいとおもいます。まず日本人がかく文章の特徴はあいまいであることが多いようです。日本語はあいまいでも伝わる、いくつもの類義語、比喩という表現があるのでそれを英文でも表現してしまう。

残念ですが文の場合、これでは伝わらないのです。また同じ単語を使うのも特徴だといわれています。日本語の場合、同じ単語で統一する文化がありますが、英文の場合は全くの逆です。文章内ではできる限り違う表現を使うことが、わかりやすいポイントといわれています。大きく挙げただけでもこの2点が最も違う点なのです。

読みやすい文章に見られる特徴とは

同じ日本人同士、日本語の文章であれば問題はありませんが、英文となると普段のままではいけません。相手に読みやすい文章を書くことが、上達のコツともいえるでしょう。ここで申し上げる読みやすい文体というのは何を指すのでしょうか。すぐに実行できるものとしては、最初に結論から入り、最後にも同じように結論で締めくくります。

これは会話でもいえることですが、需要部分を強調することで、読み手の思考を切り替えることができます。そしてあいまいな表現は使わず、少し大げさかと思われる程度にするとよいでしょう。日本人は謙虚な国民性があるといわれ、それが文章にもでてしまっているので、気をつけていただければとおもいます。他にも「私」「あなた」といった言葉を極力使わずに英文を書くのもおすすめです。

添削サイトを利用して、英文の作成力を磨くのがおすすめ

読みやすい文章の特徴は理解できたが、そもそも文法に自信がない。独学で文法を学ぶのは難易度が高く、悪い癖がついてしまうともいわれています。そんな方にもぜひ参考にしてほしいのが、英文添削のサービスです。文法はもちろんのこと、初心者レベルの英文や、ネイティブな言い回しを学ぶことができるのです。ビジネス特化やよりネイティブに近い表現といった、様々なプランを提供しているようですので、文章を学びたい方には最適だといえます。

もちろん一から文章を書くという作成力も身に付きます。自分のおもっていることを文字に起こすというのは、脳の活性化にもつながりますので記憶力の向上や、認知症の予防にもなるといわれ広い年齢層から指示されています。

まとめ

文章を書くのは、単語を知っていれば多くの方ができることです。しかし読み手のことを考え、且つわかりやすい表現を学ぶのなら添削サービスがよいでしょう。日本人がやってしまう、英文作成の特徴やすぐにできる改善策を提示しているので、参考にしてください。ちなみにあいまいな表現をせずに少し盛り込んだ文章、要点は文の始めと締めに書くことでわかりやすくなるとのこと。様々なコースやプランがあるので、コツ以前に英文から学びたいという場合にもよいでしょう。

この記事をシェアする