英文添削が副業になるって本当?

本業の仕事とは別に空いた時間を利用して、特技を活かし収入を得ることができたら理想的ですよね。

小学校から英語が必須科目に取り入れられたり英会話教室に通う子どもが増えたとはいっても、今はまだ自由に英語を使いこなす人の方が少ないというのが現状と言えるでしょう。せっかく英語力を身につけたというのなら、それを活用しない手はないのです。

ネイティブ添削が出来る人は少ない

英語を学んだという人なら、ある程度の英文を書くことはできると思います。そこに英文添削を副業として始めようという度胸さえ持っていれば、挑戦してみることはできるでしょう。しかし対象となる英文は既にある程度の英語力を持った人によって書かれたものであることが予想されますから、添削することによってさらに英文の完成度を高めようと思ったらネイティブスピーカーと同等の英語レベルであることが求められるのです。

英語学習で身につけた基本的な文法だけにとどまらず、英語特有のロジックなどを修得するためには実際に英語圏まで赴いて体感してくるしかないのです。そのためには留学経験などがあった方がいいでしょう。添削をするからには自然な文章の中で意図していることを正確に伝えるための英語力が必要なのです。そして依頼者に対してもその根拠についてきちんと説明できるという指導者のような立場でネイティブ添削が出来る人は限られてしまうのです。

在宅で自分の好きな時間に稼ぐことが出来る

最近は副業として、空いた時間を利用して英文添削をするというスタイルで副収入を得ている人が増えているようです。それなら勤務先に出勤するための移動時間も必要なく、人間関係の煩わしさも感じることなく、自宅で自分のペースに合わせて仕事をすることができるのです。

以前の会社は副業が禁止されているというのが一般的でしたが、今では政府が率先して会社員の副業を擁護しようとする動きが見られるようになりました。

従来の副業と言えば内職と言われるものが主流でほとんど収入とは言えないような単価の低いものが多かったのですが、最近では英文添削のように特定のスキルを活かしたものが多く、仕上がり具合によってはかなりまとまった金額を稼ぐことも可能になっているようです。

特に最近は残業が制限されていたり上司につきあわされることが減ってきたと言いますから、自由になった空き時間を利用して特技を活かすという働き方が増えているのかもしれません。

仕事を探すならクラウドソーシングサービスが便利!

クラウドソーシングサービスとはインターネット上でやり取りをしながら仕事を受発注する、新しい形の業務委託形式です。クラウドソーシングサービスを提供している企業には様々な分野の案件が寄せられてくるので、その中から自分のスキルを最大限に活かせるような仕事を選んでいくことになります。

クラウドソーシングサービスのメリットは自らのスキルレベルを確認しながら足りないものに気づくことができるという点や、日頃の本業の業務では味わえない達成感を味わうことができるという点にあると思います。対面することがないままやり取りを行っていくということに対して初めのうちは不安があるかもしれませんが、だからこそ気を遣わなくてはならない緊張感や責任感も自分を成長させるきっかけになるかもしれません。

挑戦してみようと思うなら、安心感のある大手のクラウドソーシングサービスを利用して仕事探しをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ずばり、英文添削が副業になるというのは本当の話です。在宅でもできる英文添削は、自分の持っているスキルを存分に発揮することができてそれを正当に評価してくれるような会社に出会うことができれば、とても続けやすい遣り甲斐のある副業です。英文の内容によって添削の難易度も報酬も変わってきますし、添削の実力が認められれば高額の案件を任せてもらえるかもしれません。

この記事をシェアする