英語のレジュメ(エントリーシート)の書き方と添削方法

大切なポイントを押さえて、適切な順序で、便利なツールを使えば、英語のレジュメを書くことはそんなに大変なことではありません。上記のような基本を知ってさえいれば、何度か経験することで、いかなる企業へのエントリーシートにも十分対応するだけの力がつくことでしょう。日本語でも英語でも同じく重要なのは、あなたの熱意を伝えて自分自身をアピールするということです。これを念頭に置いたうえで、英語でのレジュメ作成に挑んでくださいね。

企業が英語のレジュメで見ているポイント

英語のレジュメを提出するなんて、やはり英語力が試されているのだろうか?そのように考えがちですが、企業が実際に重きを置いているのは、あなたの「気持ち」です。帰国子女でもない限り、誰だって英語で文章を、ましてやエントリーシートを書くことを敬遠してしまいます。それでも英語を駆使して応募してくるという、その企業への志望度の高さをまず見ているのです。

そして、英語でレジュメを書く際の決まりを守れているかということです。このような決まり事は、少し調べるとすぐに分かるものなので、最低限ここはそれに準じて丁寧に仕上げましょう。文章に関してですが、いかに難しい表現を知っているかということではなく、よりシンプルで分かりやすい表現ができるかということが大切です。凝った文章を書くよりも、あなたの伝えたいことを明確に述べましょう。

まずは日本語で書いてみよう

英語の学習時に、日本語を英訳することは有効ではないという考え方をよく耳にするのではないでしょうか。しかし、少なくともレジュメを書く場合においてはその限りではありません。なぜなら、目的はその企業に採用されることだからです。

最終的には英語で表現するとはいえ、いちばん大事なことは、あなた自身をしっかりとアピールできる内容にするということですよね。そのためには、まず内容を日本語で熟考することが大切です。

ネイティブでない人間が英文でレジュメを書くとなると、どうしてもそちらに意識を持って行かれがちです。ところが少ない語彙力からいきなり英語で書こうとすると、余計に稚拙な文章になってしまったり、あなたの熱意の半分も文章に表現できなかったりといったことが考えられます。

英文添削はプロに任せよう

日本語で書いた文章を、まずはあなたなりに英語で書き直しましょう。専門用語や凝った表現を並べ立てる必要はありません。
ほとんどは、中学校で習う程度の単語や文法で事足りるはずです。

そして、ひとまず文章が完成したら、それを添削してもらうことが必要になってくるでしょう。企業に提出するものですので、できればプロの添削者やネイティブスピーカーの人に見てもらいたいところです。

しかし、身近にそんな添削や校正を頼める人は、そうそういないかと思います。そんな時に役立てたいのが、Webサイトやアプリを利用した添削方法です。ちょっと検索をかければたくさん出てきますし、無料のものも多く存在しています。もちろんその添削者はプロであったり、ネイティブスピーカーであったりします。実際に色々使ってみて、英語のレジュメ作成に有効なものを見つけると良いでしょう。

まとめ

英語のレジュメ(エントリーシート)の書き方と添削方法について説明していきましたが、いかがだったでしょうか?そんなに難しく考える必要はなさそうですよね?採用されたいという気持ちを持って、まずは日本語でしっかりとレジュメを書いてみましょう。後はあなたの語彙力の範囲で英文に直して、添削をプロに任せて完了です。何度かその流れを練習してみたり、実践したりすれば、きっと英語のレジュメ作成が大変だという意識もなくなりますよ。

この記事をシェアする

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。