英文の校正ツールは英文添削に最適か?

校正とは文章に不自然なところがないかを見直して、訂正していく作業のことです。自分で英文作成をおこなった後、できれば自分以外の人に英文校正を依頼することが望ましいといえるでしょう。主観で見直しても、不自然な箇所になかなか気付くことができない場合があるためです。英文校正をする場合には、自分以外の人にチェックを依頼しても良いのですが、簡単に校正したい場合には英文校正ツールを利用するという方法があります。

客観的な英文校正のために校正ツールを利用する

ライティングした英文をすぐに校正にかけたい場合の方法について簡単にご説明します。まずコンピューターの校正ツールを利用する方法があります。ワープロソフトについている文章校正機能は設定をおこなえばすぐに利用できるため客観的な校正をすぐにおこないたいときに便利です。また、インターネット接続が可能な環境であれば、校正機能がついた英文添削ソフトを利用することもできます。自分のライティングを見直せる英語力があれば、自分で見直しても良いのですが、もし気付かない箇所があった場合は校正の意味がなくなってしまうため、なるべく客観的な視点から英文校正することが必要です。まずは英文ライティングをしてみてそのまま校正ツールで校正をかけてしまえばよいのです。校正機能があるツールにはこのようにさまざまなものがあるため、どのように校正機能を活用するかはライティングした英文の使用目的によって異なってくるといえるでしょう。ではツールの特徴について簡単にご説明します。

ワープロソフトの文章校正ツールでできる英文校正

簡単に使用しやすい校正ツールのひとつに、パソコンのワープロソフトに入っている文章校正機能があります。ワープロソフトでも無料のフリーソフトから、定番となっているソフトまで種類はさまざまですが、定番となっているワープロソフトにはたいてい文章校正機能が付いているといえます。英文校正が可能なワープロソフトを利用すれば、比較的手軽に校正作業ができます。また、英文をライティングしながら英文校正を並行しておこなえる点もワープロソフトの文章校正機能を利用するメリットだといえます。たとえば、スペルミスといった初歩的なミスは、英文ライティングの最初の段階で気づいておきたい部分であるため、ワープロソフトの文章校正機能は役立つことでしょう。文法の校正についても設定をおこなうことによって可能です。ただし、細かい部分の文法については伝えたい内容通りにワープロソフトが校正をかけてくれるとは限らないため、英文添削であれば併用して他のツールも使用してみても良いでしょう。

英文校正サイトは細かな英文添削ツールとして活用できる

文章全体の文法やスペルを校正したい場合は、英文添削まで可能な校正ツールを使用するのが良いでしょう。英文添削まで可能な校正ツールには、インターネット上の英文校正サイトがあります。英文校正サイトにもさまざまなものがありますが、英文ライティングのスペルチェックや文法チェックはほとんどのサイトで可能です。このような校正ツールを使用すると、文章全体の英文添削をふまえて校正をかけてくれるため、ライティングした英文に正確性を求めたいときは便利なツールといえます。英文の長さに関わらず、不自然な時制や前置詞の遣い方をしていないかをチェックすることができるため、より自然な言い回しの英文に修正することも可能です。有料サービスを利用した方がより充実した校正機能を使用できる場合もあります。校正機能の充実度はサイトによって異なるため、必要であれば充実度の高いサイトを利用してみましょう。長文であればあるほど前後関係のチェックなど、レベルの高い校正機能を利用しても良いでしょう。

この記事をシェアする