英語の論文構成を把握して、論文を書いてみよう

英語で論文を書く場合、内容にばかり気をつけていて、項目ごとの構成がおざなりになってはいないでしょうか。実は項目ごとにある程度決まった流れがあり、書いておくべきことや、どのようにまとめたほうがよいかなどの決まりがあります。それらを理解することによって、はじめて読んでもらえる論文を作ることができるのです。

今回は、論文の構成など書き方をご紹介します。

英語の論文を作る前に

英語の論文においても、日本語の論文においても、なにごとも基本をおさえておくことが大切です。英語の論文でよく使う表現があることをご存知でしょうか。日本語の論文でもよく使う表現があるように、英語の論文においても、目的や内容、例として使うときに使う表現など、ある程度の決まりがあります。

これらの表現を覚えておくと、自分の論文を書くときにスムーズに文章を作ることが出来ます。論文においては普段の会話では使わないような「硬い単語」を使う傾向にあります。会話表現をそのまま使用している論文は、そのまま作成者の品格や英語力を疑われてしまいますので、論文に適した表現や単語を選ぶことが重要です。内容も重要ですが、基礎的な部分も重視して論文を構成しましょう。

英語の論文構成は?

論文というのは、一般的な構成はある程度決まっているものとなっています。自分の書きたい分野によって構成や規定が変わる場合もありますので、最初のうちは、同じような分野の論文を参考にしたり、専門家に相談してみることも大切です。

まずは、やはりタイトルです。タイトルとは論文の顔の部分を指しますので、簡潔に的確な言葉で自分の論文を示す必要があります。次に、要旨、序論と続きます。要旨は序論よりもよりこの論文によって伝えたいことを短くまとめておく項目です。

そのあとに、メソッド、結果、考察、結論と続きます。自分の研究を進めるにあたって、最終的に論文にどのようにまとめていくか、アプローチの仕方をある程度頭の中で固めておき、研究を進めておくことが一貫した論文を書く上で大切なことの一つです。

論文を書いたら完成度を上げよう

論文が書き上がると達成感で満たされると思いますが、一度冷静になってみましょう。書いた後というのは、疲労感や出し切った達成感によって気分が上がっている状態の場合が多いですが、その状態のまま論文を出すことはあまりおすすめしません。時間をおいてからもう一度自分が書いた論文と向き合ってみましょう。すると、書いたときには気づかなかったスペルミスやおかしい文章表現などに気づくことができます。

他の人に校正してもらいたいという方は、英文添削サービスを利用するのも一つの手です。有料の英文添削サービスを利用しますと、矛盾点やアプローチの仕方まで見てもらえ、再校正もオーケーというところがほとんどですので、自分が納得いくまで文章を精査することがあります。最後まで気を抜かないのが、良質な論文を書くことにおいてとても重要な点です。

まとめ

論文の構成を知ることによって、まとめておいたほうが良いところや、研究が足りないところなどが見えてきたと思います。伝えたいことが多くあるからといって長々と説明していては、良い論文とは言えません。読まれる論文というのは、自分の伝えたいこと、論文を通しての目的がはっきりとわかるものを指します。

いきなり完璧なものを書くとなると挫折してしまう可能性も高くなりますので、一つの項目を書き上げて、周りの詳しい人に相談するなどして着実に作りあげていきましょう。

この記事をシェアする