英文添削は英語を学ぶのにおすすめ?スクールとして活用する方法とは

英文の添削を行ってくれるだけが、英文添削の良さではありません。英語力の高さを活用し、英語のスクールとして利用している人も増えています。では、いわゆる通常の英会話スクールや英語学校と比べて、英文添削を活用した際のメリットとはどんなものなのでしょう。実際に利用したことのある方などから、おすすめの利点について調査してみました。

また今後、英語力を上げたいと思っている人におすすめの活用法についてもご紹介します。

英文添削で英語を学べるって本当?

まず、英文添削を知らない方にとって、そもそもどのような仕事かをご紹介していこうと思います。英文を添削するとは、どういうことなのかと申しますと、まさに読んで字の如く、英文を添削する会社なのです。英語は学校でも習うカリキュラムですから、多少英語が話せるのなら、英文は作れると思う方も多いでしょう。実はそうではないのです。いえ、むしろそうでないから、英文を添削するお仕事が重要になってくるという訳なのです。

例えばた私達は、日本で日本語を話し、使用しています。常に日本に居れば、日本語が少しずつ変化しているということを気付きもせず生活することができますね。でも、ちょっと顧みて下さい。現在、「やばい」と言われている言葉ですが、数年前は「良くない」とか「危ない」などという表現の際に使用していました。でも、今はどうでしょう。例えば、美味しいデザートを食べて「やばい、美味しい」とか、好みの異性を見つけると「やばい、超タイプだ」などというように、「良くない」や「危ない」という表現ではなく、「最上級」などの表現に用いられることが多くなりました。もし、その表現の推移を知らず、海外内などで生活していた人が日本に帰ってきて、「やばい」と聞いたら、おそらく私達が実感する「最上級」の方ではなく、「良くない」という方の印象を持つ可能性は高いです。このように言葉は少しずつ変化しているのです。

これは日本語だけに限りません。英語でも同じことは起きています。学校などのスクール卒業後に、久し振りに英語を使用したという場合、日本語の「やばい」に似たような現象が起きうることは十分予想できますね。例えば、これが親しい友人にあてた手紙というのなら、多少の誤字脱字が許されるように、多少の表現間違いも許されるかもしれません。しかし、それが公的な文章だったらどうでしょう。恥ずかしいですね。英文添削は、常に今、利用されている英語に置き換えてくれるのです。スクールを卒業したばかりの生徒さんだって、難しい文法に苦労することがあるでしょう。こうした際にも英文添削は手を差し伸べてくれるのです。英文を使用するならおすすめの場所なのです。

近年は、グローバル化の波が様々な部門に進出しています。ずっと日本語しか活用しなかったという部門でも、英語は使われるようになってきています。例えばこれまで日本の農業では、生産者が出荷するのは国内の利用者がほとんどでした。しかし、TPPなど税率の変化に合わせ、今後は日本の農家さんも英語圏への進出が予想される事態に突入しているのです。こうした現状から英文は決して遠い話ではなく、もう明日には貴方の身近で起きうる問題にもなってきているのです。つまり誰でも英語を使用する機会が増えている現在に、味方にしておくべきおすすめの場所が英文添削といえるわけです。

スクールとして活用するメリット

では具体的に英文添削を利用する方法について、ご紹介しましょう。例えば、先ほどご紹介したように、実際に取引先として英語圏の企業や顧客がいるという場合は、もちろん利用をおすすめします。しかし、もっとより身近に活用する方法があります。それがスクールとしての利用法です。

世の中には、英語を題材にしたスクールは沢山存在しています。英会話学校などはその中でもポピュラーな例といえるでしょう。それ以外にも、地域の英語学校や、協会での日曜スクールなどもあります。こうした英語教室では、いわゆるリスニングやリーディングと言われる能力を刺激するレッスンが主となっています。耳で聞いて馴染む授業ということですね。

でも私たち日本人の多くは、英語が苦手で、聞いているだけで嫌気がさしてくるなんてかたもいますね。実は、これは耳で聞く英語の以前に、書いて覚える英語にうんざりしてしまっているからなのです。学生時代の英語の授業や英語スクールでの授業を思い出してみて下さい。先生が書いたもの、教科書に書いてある単語、こうしたものを記憶することに疲れて、ウンザリしたという経験がありませんか?これが英語にウンザリしてしまっている原因なのです。ここでつまづいてしまっているため、耳で聞くリスニングが頭に入ってこないというのが原因なのです。ですから、ウンザリの根源を解消しなければ、例えどんなにネイティブスピーカーで発音を練習しても、頭に浸透しないという訳です。

ここで効果的なのが英文添削です。英文添削では、リスニングではなくライティング、つまり書くという作業によって英語力の向上を目指すことができます。英語は、様々な覚え方があるのですが、実はこのライティングによる覚え方は多くの方におすすめの学習法なのです。それほど書いて覚えるという作業が重要なのです。

英文を書いて、どこが問題点なのか、そして癖はどこにあるのか。現在の表現方法に寄せていくなら、どういった考え方に修正するべきか、こうしたことをスクールで学ぶことができるのが英文添削です。これができるのは、常に英文を使って添削できる英語のエキスパートが揃っているからこそということでもあります。自分の苦手意識を払拭し、その問題点を自覚し、改善できるからスクールとして活用するメリットがあるのです。

おすすめの活用方法をご紹介!

おすすめの活用方法について、ご紹介しましょう。まずは、学生さんなど、現在も英語を学んでいるという環境の方の場合です。もちろん、テキストの分からない部分などを確認するという方法もありますが、よりおすすめの活用法は、実際に他人に出す目的で手紙を作るということです。

手紙を作成するとなれば、やはり相手に上手な書き方だとみられたい欲が出てきます。ですから、恥ずかしい文はかけません。さらにそこに自分の近況を織り交ぜて書くようにするのです。春ならば、自宅の庭に桜が咲いたということだけでなく、その桜はいつから庭にあったのか、また誰が植えたのか、どんな色の花を咲かせるのかなど、特徴を分かりやすく表現する書き方に配慮するのです。もし季節感を出すのが苦手という場合でしたら、最近食べた食べ物の話でも良いでしょう。若者に人気のチーズハットクを食べたのなら、どんなチーズが入っていたのか、どの位伸びるチーズなのか、色はどんな色で、食べた味や香りはどんなものだったのか、食べ終わってどんな感想をもったのか、こうした細かな表現をしっかりと書く様に意識するのです。もちろん知人に向けて送る手紙です。肩肘張った書き方にはできませんから、印象の良い柔らかい表現にも配慮が必要ですね。

こうして自分の身近なことに置き換えて英文を作成するということは、多くのスクールでも取り入れています。しかし、英文添削は、最初から全て自分で考えなくてはならないというところに、英語力向上のおすすめ効果があるのです。より自分の環境に合わせて英語を親しみなるものとできるというわけです。

まとめ

英文は誰でも作れるもののようですが、本当に使える英文にするには、今活用されている表現法を理解すること、英語を苦手としないことなど、いくつかの乗り越えるべき壁が存在しているのです。多人数のスクールではこうした問題点を改善するのは意外にも難しいところです。

英文添削はマンツーマン指導で、しかも自分が考えて作成した英文を添削してくれる環境にあります。これがより英語力を向上させるヒントとなっているのです。今の環境で英語力に不安を感じているのなら、また将来の英語利用を不安視しているのなら、この機会に一度活用してみるというのはいかがでしょう。初回キャンペーンや無料体験を活用するという方法もおすすめです。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。