論文向けのレベル高い英文添削を選ぶポイント

学会への報告、また専門誌などへの投稿、大学や大学院の卒業時など、意外にも論文を書く機会というのは、様々なケースとして存在しています。そしてこうした論文は、一般的なことや常識的なことではなく、それよりレベル高い内容を求められるものです。レベル高いとは、通常なら誰もが認識しているとは言えないこと、また専門の方法で研究し、判明したことなどが該当します。そのため、その内容もある程度高水準である必要があります。

日本語ならともかく、それを英文で作成する場合は、専門家である英文添削を利用するのが一番なのです。実際、英語を使えるという方でも英文添削は多く利用されています。でも、英語を使えて、むしろ手慣れているような方でも、何故利用しているのでしょう。その謎を調査してみました。

英文添削で論文をブラッシュアップ?

皆さんは、論文を書きますか?こんな質問をされて、大抵の方は「書きません」というのではないでしょうか。しかし、実は世の中には、それに類するものを書いたり見たりする機会というのは、多いものなのです。学生さんなら、大学や大学院の卒業時に書くという場合が多いですし、社会人であっても、こうした機会は多いのです。また一部が新聞に抜粋されていれば、書く機会は無くても閲覧する機会はあります。また、専門誌への投稿もあるでしょう。こうした論文は、レベル高い文章であることが求められます。それは、その分野に精通した人たちに見てもらう機会が多いからです。もちろん、ご紹介したように私達一般人も見る機会がありますから、難しすぎてもいけません。そのちょうど良い、レベル高いうえに分かりやすい、こうした内容が求められるのも特徴といえます。

これは日本語に限った話ではありません。英文で作成する場合にもこの考え方は該当します。ですから英文で作成するという場合、誰もが理解しやすい表現を選び、その上で今、使われている表現も巧みに組み合わせる必要があります。聞いているだけで難しそうに聞こえるかもしれませんが、論文を作るということは、その位レベル高いこととも言えます。

こうしたことから、英語を使用するという場合、多くの方が英文添削を活用しています。もちろん自分で作成することも大切です。ですが、広く多くの方が理解できる英語にブラッシュアップするためには、より文章の専門家に添削してもらう方が良いわけです。どんな言葉でもそうですが、自分の言いたいことを自分で作成した文章というのは、意外と誤字脱字もそうですが、文章の面での偏りが多いものです。頭の中にある言いたいことが膨らんで、構成を考慮しているつもりなのに、いつのまにか言いたいことの方が増えてしまう。これは誰でもあることです。でも、論文でこうしたことが続いてしまうのはNGです。広い視野と見識を踏まえつつ、客観的視点と判断力をもって作成することこそ、本来の適切な文章なのです。

ですから英文添削とは、自分の言いたいことばかりに走らない、調整をかけてくれるという上で大変重要な役割を担ってくれる存在なのです。

レベルが高い英文添削はここが違う

では具体的に、より質の高い文章を作成するにあたり、英文添削を利用するとして、選ぶ際のポイントについてご紹介しましょう。世の中には多くの英文添削の会社が存在しています。その中からレベル高い会社を選ぶとなると、使用履歴のない方なら困ってしまうこともあるでしょう。

レベル高い英文添削ができる会社とは、専門の言葉を理解し、その表現や意味を熟知していることです。こうしたことを熟知しているということは、すなわちその専門の分野に所属した経歴がある、ないしはこうした分野の勉強経歴があるということでもあります。ただ英文に手慣れているというだけでは、専門知識を有しているわけではありません。ですから、専門用語の表現となると、どうしても弱いところが出てきてしまうものです。そのうえ近年の最新研究を把握している必要のある分野となると、よりレベル高い内容の論文に修正する必要も出てきてしまいます。

こうしたことから、添削を依頼するのなら、よりレベル高い能力を有したスタッフを抱える会社がおすすめです。でも、優秀なスタッフを抱えている会社をどう選べばいいのか、そこが気になるという方もおられるでしょう。

多くの会社では、所属する添削できるスタッフの経歴や、これまでの経歴を掲載しています。また、どういった部門に精通しているのか、これまでどんな種類の業務を請け負ってきたのかなどをホームページで紹介している会社もあります。こうした会社の業態性をしっかり確認してみることです。どんな分野に長けているのか、それが自分の希望する分野なのか、事前にしっかり確認しておきましょう。

専門分野の論文はポイントがある

またこうした英文添削会社を選ぶということも大切ですが、その他にもポイントがあります。と、申しますのも、論文というのは、ある意味では生き物と表現することができるものなのです。何故、生き物なのか、それは今、話題となっている事柄、事象、研究などに大いに影響を受けやすく、繊細なものであるうえに、まるで生きているもののように大切に扱わなければ、怪我や損傷によって内容そのものが価値を失ってしまうおそれのあるものだからなのです。生き物のように繊細で、生き物のように大切なもの、さらに鮮度が大切なものということです。

鮮度を失った文章は、興味を持ってもらえません。例え、どんなに研究を重ね、その内容が素晴らしいものであっても、鮮度を失った内容に目を通してくれる人は少ないものです。これは内容だけに限りません。使う文や単語、表現方法についても同じことが言えます。

重要度の欠けた文章や表現は、見ていても面白みがありませんね。また大切に扱われていない、存外にされている表現に関しても同じことが言えるでしょう。こうしたことを総合的にすれば。専門分野の文章に関しては、鮮度や重要性など、置くべきポイントは多分に存在しているのです。

こうしたことを踏まえつつレベル高い文章を作成し、さらに英文に構成し直し、英文の添削を自分で行うとしましょう。大変な労力ですね。そして長い時間がかかってしまいそうです。でも、いつまでも時間をかけてしまっていては、先ほどご紹介したように鮮度がおちてしまいます。重要性の高いところを複数出してしまうと、どれが重要性の高い部分か、曖昧になってしまいます。つまり、自分ですべてを行うには無理があるという言ことです。

その点、専門分野の表現にも精通した英文添削を利用すれば、自分で行うよりも比較的短時間で作成を進めることができるというわけです。

まとめ

論文作成から、英文構成、そして添削まで、全て自分でやりたいという方に無理強いするわけではありません。もちろん、こうした作業に手慣れている方なら、この多忙な環境でもレベル高い英文の論文を構成する方もおられるでしょう。

しかし、やはり無理は禁物です。なにより、文章は他人の目を通してブラッシュアップできるものでもあります。多くの方に理解してもらえるためには、単独より複数の目の方が良いものです。こうしたとき、英文添削は味方になってくれる存在なのです。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。