英作文に自信がない?英文添削はネイティブチェックで

英語に慣れるためには、単語を覚えたり、英語を聞いたりするのも良いですが、やはり英作文を自分で作ってみるのが一番なのです。英語の表現や文章の構成は、実際に行うことで英語力の向上につながります。

とはいえ、そんなことは分かっているけれど、どこまで合っていて、どこを修正すれば良いのか分からないから不安なのです。そこで自分の作った英作文をネイティブチェックできる英文添削で添削してもらうというのはいかがでしょう。英文添削の会社には、ネイティブチェックできるスタッフが沢山存在しています。活用しない手はないのです。そこで、その利点について詳しくご紹介しましょう。

英作文を難しいと思うのはなぜ

まず、そもそも私達日本人には、何故、英語が苦手という方が多いのでしょう。その理由はとても端的なのですが、結論から申し上げますと、英語と日本語は構成が全く違うからです。日本語は主語から話します。例えば、「私が」なのか「私は」なのかで、言いたい表現が違います。また「あなたは」という場合と「あんたは」という場合でも表現が違うことを、なんとなくでも、その冒頭で掴めることが多いですね。でも、英語は動詞から始まることが多い表現法なのです。そのうえ、あまり冒頭部分を長くしたがらないという特性も持っています。つまり、根本的に性質が違うのです。

更にもう一つ、日本人が英語を苦手とするのが、英作文です。つまり英語で文章を作成することですね。例えば彼は可愛い犬を持っている「He have pretty dog」という文章、これでは文章を作ったとは言えません。英作文にするならば、犬の表現の部分で「いくつの」とか犬種など、複数の修飾する表現が必要になるでしょう。また彼が持っているのは、飼い犬なのか、借りてきた犬なのか、こうしたところの表現も欲しいものです。すなわち英作文を作るとなると、最低、これらを含んだ文章が求められるという訳です。

ネイティブチェックしてもらえるのならともかく、英語になれているわけでもない日本人がここまで表現できるでしょうか?正直、難しいですね。でも英文添削なら可能なのです。何故なら、英文添削こそがネイティブチェックだからです。そして、彼らは今現在利用されている表現を用いているプロの集団です。難しい専門の論文やビジネス文章も手掛ける会社なのです。こうした一流のネイティブチェックを受けられるというところが、英文添削の強みという訳です。

ネイティブチェックでウィークポイントがわかる

具体的にネイティブチェックを受けるとどんな良さがあるのか、なによりも自分の英文のウィークポイントを自分で理解できるというところです。

自分の良さや悪さというのは、自分では気が付かないものだといわれます。それは、英作文でも同じことなのです。例えば貴方がなにかのきっかけで、一生懸命、辞書を開いて参考書を開いて、今、自分なりに出来うる最大限の範囲の英文を作ったとしましょう。でも、誰でも必ず癖があるように、英文にも癖が現れるものです。そして、その癖が強いと表現が上手に反映されなくなってしまうおそれがあるのです。でも、ご紹介したように自分の良さも悪さも分からないものですね。ですから、その悪い癖も自分で気づけないのです。

英文添削のネイティブチェックでは、そのウィークポイントを指摘してくれます。そして、癖の見極めもしてくれます。場合によっては表現として成立することもあるが、あまり適切ではない表現という場合もしっかり見極めてくれます。こうしたチェックができるのは、英文添削ならではともいえます。でも、何故それができるのか。そこは、まさにネイティブだからです。英文添削を行うスタッフは、常に英文に携わっている人ばかりです。それも日常的会話だけでなく、専門分野の論文など、難しい表現から近年用いられている表現まで、巧みに使い分けることのできるスタッフが揃っているのです。これが今最新の英語であるかなどのチェックを可能としている理由でもあります。今、使っているからこそ、今の言葉を知っているというのは、とても重要です。

またウィークポイントという点でご紹介すると、つい使ってしまう表現方法というのは、誰にもあるものです。口癖のように「要するに」と言ってしまったり、「逆に」と必ず冒頭に加えてしまったり、私達は話し言葉だけでも知らないうちに癖を出していることは多いものです。これは話し言葉だけに限りません。英作文でももちろん、こうした影響は出やすいのです。主語が抜けてしまったり、動詞の表現が日本語訳に走りやすかったりという場合も上げられます。こうした問題点も、巧みな技術によるチェックを受けること改善されることができるという訳です。

ネイティブの英文添削がオススメ

どの言語においてもいえることですが、やはりその言語を正しく認識し、かつ、利用しているという環境にある人から学ぶということは大変重要です。例えば、日本に少しだけ滞在していた経験のある方が、帰国し、母国で日本語を教えたとしましょう。その人がどの程度正しい日本語を学んでいたのかということは、帰国後に教えた相手の日本語力で判断できます。さらに、その日本が今使われている表現でなかったら、彼から日本語を教わった人が何かのきっかけで日本に来日した際、正直言って恥をかくである可能性は十分考えられます。日本には、こうしたちょっと変わった片言の日本語を話す方も多いため、それほど悪目立ちすることはないかもしれません。しかし、あまり正しい日本語を話しているようには印象付けられませんね。

このように、日本語であっても英語であっても、ネイティブであるということはとても重要です。ところで、先ほどからネイティブチェックなどと表現しているこの「ネイティブ」とは、その土地に属するとか、その地のなどという意味です。つまり、ネイティブということは、その地に所属していることを意味するわけですから、所属していると認識できるだけの能力を有していることが求められるわけです。ちょっと知っているとか、日常生活レベルという範疇では心もとないわけです。

やはり英作文をしっかりと、認識するためにはネイティブのチカラが必要になるということです。こうしたことを踏まえると英文添削は大変オススメです。そこには、ネイティブなスタッフが沢山存在し、さらに、現時点でも常に英語を使用している環境にあるからです。生きたネイティブの英語を学ぶには、ここを置いて他にはないといえるのです。

まとめ

英語が苦手な方は多いかもしれません。しかし、それはいわゆる学校の授業という認識で英語を見ていたからです。英語は授業かも知れませんが、ある国では母国語として、また世界では公用語として用いられている言語です。これからの社会を生きる上で、この言語は大変大きな武器にもなるのです。

苦手意識を払拭するには、英作文を自分で作るのはもちろん、実際に英作文に対してネイティブチェックを受けてみるというのがおすすめです。実は実際にネイティブチェックを受けてみると、英語が授業の苦手意識を超えた、面白いものなのだということを理解することができるからなのです。初めて本当の英語に触れたとき、興味が先行し、苦手意識を払しょくできたという方もいるのです。まずは、試しに英語に慣れるため英文添削を初めてみてはいかがでしょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。