プロの英文添削でビジネスを効率的に!料金はどの位が相場なのか

ビジネスで海外企業との取引は今後も増えてくるという場合も多いことでしょう。とくに多様化の昨今、海外企業だけでなく国内企業であっても英語を重用する会社は増えているところです。そんなとき、英文添削は大変便利です。しかし、今まで使ったことが無いという方には、英文添削がどの位の料金相場なのか分からないことも多いのではないでしょうか。

安ければ良いと手を出して、もしクオリティの低いものだったら、ビジネスの面でも影響が出てしまいますね。そこで、具体的な料金の相場から、問題のクオリティまで、英文の添削に関して、具体的にご紹介していきます。

ビジネスで英文添削を活用するケース

さてまずは、料金の相場などの料金問題の前に、初歩的なお話です。ビジネスで英文添削を利用するケースというのはどんな場合なのか、というところからご紹介していきましょう。

あなたの会社は、国内企業との取引が多いですか?では、その取引企業の工場や、関連企業はどうでしょう?あなたの会社の取引と直接関係ないように見えても、取引内容によっては海外の工場を利用したり、関連企業が介在しているという場合が多いものです。

さて、そんななか、もしあなたの会社で販売している商品に関して、何らかのトラブルが発生したとしましょう。自社の商品ではあるけれど、トラブルの一端が取引企業に絡んだ場合、その会社に問い合わせますね。どうしてこうなるのか、若しくはこの製品はどうやって作っていますか?などあるでしょう。直接工場や関連企業に問い合わせなくてはならない場合も起き得ます。

この場合、海外の工場だったら、日本語で質問状を送っても伝わりませんね。更に言えば、後の訴訟を踏まえると、全ての経緯が文章化されている必要があります。そのうえで、質問文が適切な英文でなければ、相手側から帰ってくる回答内容が全然意図が理解できないことも起き得ます。

ご紹介したケースは、とある企業で発生したトラブルなのですが、決して他人事とみてはいけません。今日、コストを安価に抑えるため等、様々な理由から思わぬ場合に海外への文章作成が求められる場合というのは多いのです。

こうしたトラブルだけではありません。例えば、海外で人気の製品を、いち早く日本国内で販売したい、そのために流通のルートを作りたいと狙い、海外の販売店へ市場調査のため訪問する等の際も、電話だけでなく文章が必要になるというケースもあります。タピオカやチーズ、ワインといった海外からの輸入品は、今、多くの日本人が興味を持ち、こぞって購入しています。こうした部門への参入をビジネス面で考えているという場合、英文添削を活用するのは大変効率的です。

英語に馴染みのない方や、久しぶりに英語を使用するという方、またスピーキングはできるという程度の方に文書作成を依頼すると、意図を的確に伝えられる文章ができる可能性は意外に少ないものです。つねに英文に馴染んでいるからこそ伝えられる意図もあります。こうしたとき、専門分野の能力が生きるという訳です。ですから、英文添削苦を活用するケースというのは、決して稀ではなく、意外にもビジネスの中には多く存在しているものです。

ビジネスで利用する場合の注意点とは

ビジネスでは、口語体といって喋る言葉よりも、もう少し丁寧な言葉を文章に作成する機会が多いものです。特に日本人は、礼節を大切にしますから、例えとてもフレンドリーな関係性にあるビジネスパートナーに対しても、文章を作成するとなれば、どうしても硬い文章を作りがちですね。

実は英語で文章を作る場合にもこうした問題点があります。ただし、日本語と英語は、文法も品詞も違います。ですから、日本語でこう伝えたいと思う文章を英語に直訳して文章を作っても上手くいかないものです。更に場合によっては、古い表現方法を使ってしまったり、そもそも意味が全く違う内容になってしまうという問題点も起きうるのです。

こうした問題点に英文添削は大変効果的です。なんといっても常に英文になれたプロが作成するわけです。古い表現という問題もクリアしてくれますし、英文に訳した際に、日本語の意図が伝わる表現方法に添削してくれるのです。

但しデメリットもあります。自分で作成すれば料金面は発生しませんし、比較的自分のペースで作成することも可能です。かつては、こうした問題から英文添削を利用せず、多少表現の間違いがあっても、ご愛嬌とばかりに自分で作成するという方もいました。しかし、現在ではこうした料金面の問題も改善され、キャンペーンやお得な利用方法を活用することで、想像よりも安価に英文添削を利用できるようになっているのです。

多少の料金で、間違った表現を使わず、その後の関係性も不安視せずにビジネスを行うことができるという訳ですから、むしろ使わない手はないといえるのが現在の英文添削なのです。

料金の相場ってどう見るのか

最後に、料金の相場についてご紹介しましょう。英文添削はビジネスとして活用する方法と、英語学習として使用する方法など、現在では利用者それぞれのニーズに合わせられるよう、料金面でのケアも進んでいるのです。

企業によって若干の違いもありますが、一般的には単語1つに5円から10円程度が相場になっています。また、学生割引を用いたり、チケット制を導入しているといった企業も存在してます。また、キャンペーンや再添削といったものを活用すると、更に安価に依頼することもできます。

今まで使用したことが無いという方でしたら、無料お試し期間を活用してみるというのも良いでしょう。例えば、お仕事で使おうかと考慮しているけれど、まだ決定していないという場合、自分の語学力アップを目的に無料お試しを活用するのです。

もちろん、ある程度の英文を作れる能力は必要とします。でも、それは中学生レベルの英語力があれば可能でしょう。その状態で、自分の英語力がどのくらい上がるのか、またどの位使いやすいのか、判断のために活用してみるのです。そこで為された結果を以後のビジネスに反映させてみるのです。

どんな場合にもいえることですが、料金の相場は納得できるものに関しては、多少高めの相場でも利用者は納得して使用します。相場よりも安い場合だったとしても、その内容に納得できなければ、安さよりも納得できない感情の方が先行しがちです。

まずはキャンペーンや無料お試し期間を活用し、体験してみてその良さを実感してみることをおすすめします。

まとめ

英文添削には使ってみないと分からない利点は多く存在しています。なにより、英語力です。自分たちの英語力だけでは賄いきれない部分をケアし、サポートしてくれるわけです。それは自分たちの英語力の向上にもなります。さらに、使える英語、理解できる英語がふんだんに使用されます。これによって、日本語から英語に変化した場合でも、伝えたい意図に変化が生じ無くなる訳です。そして、この点こそビジネスで英語を使う場合に大変重要なポイントになってきます。

料金の相場に関しても、1単語ごとの料金設定になっている場合が多いものです。早急に依頼する場合でもプラス1円ないし2円といった程度で行ってくれる企業も増えています。しかし、一番は、こうした説明だけで満足せず、使ってみることです。使用することで、その金額が満足いくものになれば安さをも実感することができるでしょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各英文添削サイトの公式ホームページをご確認ください。