添削してもらった英文を活用するポイントとは

英文添削と聞いて、自分のスタイルの中にどのように取り入れたらいいのか、自分の合わせてどんな活用方法があるのか、知らないことや分からないことが多いですよね。でも、実はポイントを抑えて利用してみると、効果的な勉強方法だけでなく、趣味としても生活に潤いを持たせてくれるヒントが沢山あるのです。その効果的な活用方法を調べてみました。

添削してもらうだけでは、上達しない

英文の添削ときいたら、自分の作った文章を専門の講師に添削してもらって、どこが駄目だったかを確認するものと考えがちですよね。結論から言いまして、そのような使用方法では、せっかくの機会をダメにしてしまっているようなものなのです。英文添削は、添削だけを目的にしてしまってはダメなのです。その先があるのです。どんな学習方法でも、予習と復習により記憶されていき、自分の能力となりますよね。このサービスにも同じことが言えます。

予習と復習に類似した形態でポイントをおさえるのです。文章を作っている際に出た疑問や、自分が難しいと思ったところを、添削内容を照らし、更にこの部分を再質問すること。そのままにせず、別の機会に必ず活用してみること。こうしたことを繰り返すことが大切です。

指摘を受けた点を踏まえて、もう一度書いてみよう

英文添削では、専門の講師によって添削が行われます。この場合には、どの部分が苦手なのか、そして活用しやすい文章はというポイントをしっかりと把握して添削しています。そのため、依頼した方の癖を把握してくれているとも言えるのです。結果、指摘された箇所というのは自分のウィークポイントともいえる部分でもあるのです。

ですから、指摘された箇所は必ず確認するべきです。そしてどのような指摘を受けたのか、検証することも大切です。こうしたことで自分自身がどんなところで指摘されているか、気付くことができます。この気付きが学習するためにはとても大切なことなのです。このサービスを利用するにあたって、癖を改善することは上達に必要不可欠ともいえます。

英文作成と添削を繰り返すことが、上達への近道

そして英文添削を受けた際には、その後自分でもう一度、文章を作成してみることがポイントです。予習と復習が身体に覚えこませる一番の特効薬なのですから、自分の癖を指摘された以上、これを忘れないために、そして意識づけて改善するために、もう一度英文を作成することが大切です。英文に慣れていない場合には、最初に苦手意識が出て上手にはいかないでしょう。

でも、誰だって最初は上手くいかないものです。何度も繰り返して少しずつ上達していくものです。自分の駄目な部分が露呈していても、諦めたり落ち込んだりせず、必ず上達すると信じて文章作成を繰り返してみましょう。どんな方でも繰り返しているうちに、ちょっと前の自分より向上していることを実感できるはずです。

まとめ

英文添削を、自らの英語力向上のために使用することが、後の学力アップの大きな向上につながることが御理解いただけたのではないでしょうか。そしてただ添削を受けるだけでなく、自分で考えて作成することで頭を働かせ、記憶に残す作業を行うことが大切なこともお分かりいただけたでしょう。これらのポイントを抑えておけば、貴方もきっと自分の語学力に自信がもてるようになります。是非、語学力アップのために英文添削をご利用してみませんか。

この記事をシェアする