添削ソフトを使った英文添削は正確か?

自分で英文作成する場合、急ぎで必要な場合など、日頃から英文ライティングに慣れていないと正しい英文とはどういうものか迷うこともあるでしょう。正確に英文で伝えるためにはまず、英文法がおかしくないか、他にはスペルが間違っていないか、などに注意しなくてはなりません。短文か長文かでも、英文添削の中身は異なりますが、どちらにしても正確で通じるレベルの英文を作成したいものです。添削ソフトを使用して正確な英文添削が可能かどうかについてお話します。

まずは文法が間違っていないか英文添削ソフトでチェック

英語に自信がない場合の英文ライティングで最も気になるところといえば、文法が正確かどうかという部分ではないでしょうか。伝えたいことは決まっていて英文をライティングしてみるにしても、文法に誤りがあり伝えたいことも伝えられていない英文になっていたら困ります。まずは文法の正誤判定をしてほしい、という場合は英文添削ソフトの利用が向いているといえます。添削にはさまざまな方法はありますが、文法が合っているかどうか気になってしまっているのだとしたら、まずは英文添削ソフトでチェックするようにすればよいでしょう。自分でライティングした英文を使う前にチェックすることで、簡単に誤解を減らした正確な英文作成ができます。文法で気を付けたいポイントには時制の使い方がありますが、長文の英文をライティングする際は特に注意が必要です。文章中での時制の使い方が違っていたために、「読めない」ということがないように、時制の流れを整える意味でも添削ソフトでのチェックは有効だといえます。

細かい文法遣いやスペルチェックもソフトを使って英文添削

ライティングした文章が正しいかどうかで迷ってしまうポイントに、前置詞や冠詞といった文法の遣い方があるかと思います。自分では合ってると思っていても、文章の前後の流れで違和感があったり、読み難い文章になっている場合もあります。前置詞の使い方や冠詞の有無など、はっきりしない細かな文法遣いについても、英文添削ソフトを使用して、ライティングした英文をチェックするようにしてみてください。比較的すぐに英文添削することができるため、自分の間違いにすぐに気付けるのはメリットが高いといえます。ライティングしたての文章を添削ソフトがチェックして訂正してくれます。スペルの間違いがあれば、これも自動的に訂正を入れてくれるため、添削ソフトを使用することで初歩的な間違いを避けられるといえます。間違っている箇所をわかりやすく表示してくれるため、どこが間違えているかを目で見て学習することができます。文法の遣い方やスペルチェックのミスを減らせるため、おすすめです。

添削ソフトの英文添削はネイティブが基準

添削ソフトって一体どういう基準で添削チェックしているのかというと、それは選べる場合が多いです。アメリカ英語やイギリス英語など自分が必要とする方を選択してください。基本的に英語圏でのソフト開発である場合が多く、英文添削はネイティブが基準となっているため、英文として通じるかどうかの信頼性は高いと考えられます。添削ソフトによってはライティングした英文と意味が近く、さらに通じやすい表現の表示がされる場合もあるため、そもそも英文作成自体に不安を抱えている人には使いやすい機能が備わっているといえるのではないでしょうか。英語圏開発でも日本で使いやすくするためバージョンアップされている場合も多く、ネイティブで使える英文添削ツールとして活躍することでしょう。また、無料から有料プランに変更することでさらにレベルアップした英文ライティングのための指摘をおこなってくれるため、自分の必要とするライティングレベルに応じて添削ソフトを活用するとよいでしょう。

この記事をシェアする